読みに行ったんじゃないのね?

喰っちゃっても和解ってできるもんなんですな。
それよりもエロマンガ島って・・・w。
読み替えたイロマンゴ島ってのもギリギリなんじゃねーのか?という音感ですな。

なんにしても呪いは解けたようなので良かった良かった。

エロマンガ島の食人部族の子孫、170年前に先祖が食べた宣教師の子孫に謝罪

現在はバヌアツ共和国に含まれる南太平洋のエロマンガ島(Erromango Island、最近では「イロマンゴ島」と表記されることも多い)で1839年に原住民に殺害され食べられたイギリス人宣教師ジョン・ウィリアムズの玄孫らが、食べた側の子孫である島民らの招待により島を訪問し正式な謝罪を受け、170年ぶりに和解しました。この和解の儀式によりある『呪い』が解けたと島では信じられているそうです。

お酒を飲んで・・・

お酒に酔って公園で裸になっちゃった人が、酔いが冷めて開いた記者会見が連日テレビで流れていました。まぁ、酔っ払ってしでかした武勇伝の一つや二つはある意味勲章みたいなもんですが・・・ちょっとカッコ悪すぎかも。


海の向こうでは酔っ払いのシャレでは済まない事件が起きているようであります。
なんとシラフだったのは、渦中のワンちゃんだけ。


実際のところどーだったのかを、ワンちゃん本人が証言できないってのが歯がゆいですな。


ペットをいじめられたという理由でカップルを殺害

ベラルーシ共和国のオルシャという街で容疑者の男(20歳)が犬を散歩させていたところ、前方から酔っぱらったカップルが現れ男の犬をいじめたそうです。それに腹を立てた男は近くにあった丸太で被害者男性を撲殺。その後女性の方も丸太で撲殺したとのこと。

その後の調べで事件当時、容疑者の男も酒に酔っていたことが分かったそうです。また、男は犯罪歴があったことも判明。男は「4本足の友人への愛情」がカップルを殺害した原因と供述しているとのこと。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。