ベネズエラカテゴリの記事一覧

あまりにもシュール

 ベネズエラ当局は、米人気アニメ「ザ・シンプソンズ」が子どもに悪影響を与える可能性があるとして、テレビ放映を禁止した。代替番組として、米女優パメラ・アンダーソンを一躍有名にした人気ドラマ「ベイウォッチ」が放送されるという。

 同国の放送当局のスポークスマンによると、朝11時から放送されていた「ザ・シンプソンズ」の打ち切りは、視聴者からの苦情が発端。ベネズエラのテレビ局は、米国で過去に放映された番組の再放送を数多く行っている。

 「ザ・シンプソンズ」を制作する米ニューズ・コーポレーション傘下の20世紀フォックスは、今回の放送中止に関するコメントを差し控える、としている。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081207733313.html

とある無料動画配信サイト(YouTubeなんだけどね)で観る限り、悪影響があるとは思えませんでしたが、ウィキペディアなどで調べるといろいろと”いわくつき”だったりしそうであります。


なるほど、こりゃ全国区の地上波で放映しないわけだ。
ベネズエラ当局のボーダーラインにもひっかかちゃった訳ですな。


ちなみにあたくし、まるっきり見逃した”墓場鬼太郎”の全話をYouTubeで拝聴させていただきました。こちらもザ・シンプソンズ同様、大人向けアニメとなっている模様。見逃してしまった方はいまのうちですぞ!ケケケケ・・・。

貴女の十五のお祝いに

 ベネズエラのチャベス大統領は、同国で15歳の誕生日のお祝いに豊胸手術をプレゼントする風潮が広まっていることに苦言を呈している。

 同大統領は23日遅くにテレビ番組で「一部の人は『娘が15歳になるから豊胸させよう』と考えている。これは恐ろしいこと。究極の退廃だ」と述べた。

 ミス・コンテストの優勝者を多く輩出することでも知られるベネズエラでは、美容整形手術を受ける女性も多く、ぜいたく品に対する消費も広がっている。また、テレビで豊胸手術の広告が流され、銀行もこういった手術への特別融資枠を設定しているという。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081190702820.html

日本では古来から元服という風習があって、15歳で大人だったんですな。でも女性の15歳って、ひょっとしたら


おっぱいおっきくなるのこれからなんぢゃ?



まあこんな心配してもしょうがないような気もしないではないのですが、手術にたよらず手でもんだれ。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。