理想の彼女は絵の中にいます

そして少年は大人になる・・・こんな列車があるなら是非メーテルと乗りたいなと思った少年の頃。
すてきな大人になるのを夢見ていたのでありますが、ふと気づくといつの間にかおっちゃんになっておりました。
アタクシは確か中学生くらいにメーテルは卒業しましたが、本日取り上げるのは三十路も半ばをすぎるのに夢見がちがポーランドのおっちゃん予備軍のお話。


相手のちょっとした仕草や、ふと見せる優しさがグッとくることってあります。
彼の場合はそれがたまたま絵画だっただけで・・・。


淡い想いがまだ見ぬ女性に届きますよう。


絵画の中の美女に恋した男性、足かけ10年の長い片思い

ポーランド・ノバフータに住むTomasz Urynowiczさん(37歳)は、あるお気に入りの絵画のモデルとなった女性をずっと探しています。

今からおよそ10年前、画廊で地元の画家によって描かれた絵に出会った瞬間、Urynowiczさんは恋に落ちてしまいました。そしてモデルとなった女性か、あるいは絵を描いた画家について知っている人がいないか聞き回ったそうです。彼にとって彼女は理想そのものであるらしく、「洗濯物を干している彼女の髪は日の光を透かして輝いていて、まさに完ぺきな美人です」とその魅力を語ります。

その数年後、再び彼は同じ絵と再会し、即座に購入を決意。それ以来、毎日絵を眺めてはモデルとなった女性に思いをはせていたそうです。絵画は1955年に制作された物と見られていて、絵の中の少女はおそらく年を重ねて老婦人になっている可能性が高く、ひょっとすると隣人がモデルの女性だということもあり得ると考え、周囲に聞き回ったとのこと。

Urynowiczさんは、10年間も絵画のモデルを探していた理由として、「私はただ、一緒にコーヒーでも飲んで話しながら、彼女の人生がどんなものだったのか、そして彼女がどんな人なのか確かめたかったんです」と、純朴な思いを言葉にしました。しかし、どんなに探しても女性に関する手がかりは見つからなかったそうで、今回彼の思いについて公にしようと決心したようです。


女性はこちら → 草食男子攻略法!

一歩前進、よ〜くめがけて

 ポルトガル北東部にある当地のショッピングセンターで、男女のマネキンで装飾された公衆トイレが登場した。

 男性用トイレには女性のマネキンが、女性用トイレには男性のマネキンがそれぞれ飾られている。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081205893093.html

ファスナーをおろすのをかなりためらってしまいますな。
そしてできれば女性版のトイレもちょっとだけ見せてほしいです。


この状況で、「落ち着いて…」なんてちょっと考えられませんから、トイレが汚れるのは必須。マネキンが掃除するわけではないでしょうから、管理が大変なのではないでしょうか?


一か八か全身銀色に塗って女子トイレに潜入しますか?

トーキョクの事情

 ポーランド当局の手違いで死亡したとみなされた男性(38)が、生存していることを証明するのに苦労している。ポルコビツェ市出身のこの男性は昨年8月、当局によって溺死したとみなされていたが、男性の葬式の数日後に姿を現していた。

 当局に自分が生存していると主張したものの、現在も公式記録上は「死亡」とみなされており、職に就くこともできなければ、社会保険料も支払えない状況となっている。

 29日付の「選挙新聞」によると、当局にはこれまでのところ、男性が死亡したという記録を修正する意向がないため、男性は税金を支払う必要もないと伝えている。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081201669895.html

社会保険料を払えないとか、税金を納付する必要がないとか好き勝手なこと書かれちゃっていますが、当の本人にすりゃ死活問題ですな・・・ありゃ、生きてるんだってば。


しかし記録修正の意向がないってのはどーゆーことなのでしょう。
いくら煩雑でも本人が生きてるんだから修正してあげないといけないはず。まさかどこかの国の社保庁のように、すでにぐちゃぐちゃになっているとか?
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。