デンタルケア クロコダイル編

 フィリピンの首都マニラで28日、大きく開いたクロコダイルの口の中に男性が入っている姿が撮影された。

 これは事故ではなく、模型のクロコダイルの口の中に身をかがめるようにして入ったこの男性は作業員で、この日は来月開かれる生きたクロコダイルのショーを前に、口などを念入りに掃除していた。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081209548456.html

何も食われる練習してたわけでも、ワニの口の中に頭を入れる度胸だめしをしていたわけでもないんですな。


思わず歯の健康診断かとも思いましたが、単なる清掃作業なのだとか。
もしクロコダイルにも口臭があるとしたら。この体制はかなりキツいでしょうね、直撃ですからな。

口臭の多くは口の中に原因があるそうであります。模型のクロコダイルを見習ってデンタルケアしましょ!

セブ・リゾートの新たな観光名所

1000人以上の受刑者が米歌手マイケル・ジャクソンの「スリラー」を踊る動画で有名となった当地の刑務所が、国内外からの観光客を集めている。

 同刑務所は、朝の運動プログラムの一環で受刑者が「スリラー」を踊るビデオクリップが昨年、米グーグル傘下の動画共有サイト「ユーチューブ」に投稿され、これまでに1500万ビュー以上のアクセスを集めている。

 見学者は、受刑者がダンスをする運動場の周りを囲む壇上から見下ろす格好で、声援を送ったり踊り出したりする様子はまるでロックコンサートさながらとなっている。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081209358409.html

というわけで話題となっているYouTube動画観てみました。
是非マイケルを呼んで、一緒に踊ってほし〜であります。

沖縄旅行なら
タグ:観光 旅行

トラフィック

 フィリピン人が昨年送った携帯電話メッセージの1日当たりの平均数が10億通に倍増したことが分かった。4日に発表された業界データで明らかになった。

 国家通信委員会(NTC)によると、2005年は1日当たりのメッセージ数が250万通だったのに対し、2006年は500万通だった。

 フィリピンでは、中央銀行総裁が金融政策についての声明を携帯メッセージで配信することに加え、携帯電話で各種料金の支払いや銀行での用事を済ませる人が増加するなど同サービスが普及。

 推定800万人以上とされる海外在住のフィリピン人にとっても、携帯メッセージはフィリピンの家族との主要な連絡ツールとなっている。

 フィリピンの携帯電話普及率は60%前後。インドネシアは3フィリピン5%、タイは75%、マレーシアは84%となっている。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081204689177.html

このところ、ウケを狙ったタイトルが思い浮かばなくなりました。
タイトルだけで勝負しよーとは到底考えていませんが、会心の出来だと、やっぱりトラフィック量が違います。


トラフィックといえば東南アジア。
なんとなく島国だからインドネシアは容認できるとしても、フィリピンやマレーシアはどーなのでしょう?っていうか、迷惑メール多すぎない?


メーワクメールを取り締まるとかいう記事が、ちょっと前に新聞に掲載されてましたが・・・うざくてしょうがないから早く取り締まれよ!
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。