ズレとレズのはなし

 シンガポールのメディア開発庁(MDA)は9日、女性2人がキスしているテレビCMをめぐり通信会社スターハブに1万シンガポールドル(約74万円)の罰金を科したことを明らかにした。

 同性愛の女性同士のキスを「美化」し、そうした関係を「許容される」ものとして描いている曲を同社が採用したことが問題視されている。

 同庁は「同性愛を容認する広告を認めないとしたテレビ広告のガイドラインに違反する」と説明した。

 シンガポールは男性間の性行為を禁じており、「いまいましいわいせつ行為」が発覚した場合には2年以内の禁固刑を科する可能性があるとしている。女性同士の性行為については法制化されていない。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081207794715.html

この手のニュースにトラックバックするとGoogleあどせんすの広告がつかなくなることをみんな御承知だね。

しんがぷーぁに言ったことあるけど、タバコのポイ捨て・ごみのポイ捨てなど美化にかなりご執心な様子は伺えますな。でもね、タクシーの運ちゃんや現地ガイドの質がかなり悪いッス。

外国人旅行客あっての環境美化なのに、いつの間にかズレちゃってるんだよね。元記事もそのズレの延長でしょ?ナニッレズ??

好きに解釈してくださいな。

リスキーなお仕事 蛇使い

 “コブラマン”の異名を持つレイ・ハンターさん (44) は、転職を検討することになるかもしれない。彼は2週間前にトウブダイヤガラガラヘビに噛まれて、現在も入院中だ。彼は、毒ヘビに噛まれたのはこれが44回目だが、「間違いなく最悪だ」と語っている。

“コブラマン”は毒ヘビ取扱い免許を持っており、体長およそ165センチのガラガラヘビを動物管理局役員から譲り受けた。

彼は、ヘビの檻を掃除している最中に右手を噛まれ、酔っぱらったように感じながらも、なんとか自分で運転して近所の病院に向かった。

彼はできるかぎり病院に近づいたが、ある時点で運転を断念した。通行人が警察に意識不明のような人がいると通報し、彼は病院に運び込まれた。

彼は腎不全に苦しんでいるうえ、右腕は腫れていて、いつ退院できるかわからないそうだ。

ヘビは現在、別の州の動物園に収容されている。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081194989069.html

毒ヘビ取扱い免許ということばにあたくし、思わず敬意を表してしまいました。
しかし、かなり苛酷なお仕事に従事されていらっしゃる様子がひしひしと伝わってきますな。

この免許にどのくらい需要があるのか謎ですが、やっぱり転職をお勧めします。

心温まるお話

 米ヴァージニア州で、迷子の子猫が泣いているのを聞いたゴールデンレトリーバー犬が、子猫にミルクをやりはじめた。

コンクリートプラントの古いタイヤに紛れているのを発見された灰色の子猫は、おなかをすかせていたが、ほ乳瓶で与えられたミルクを飲もうとしなかった。そこで、18カ月前に出産したきりの飼い犬ハニーが、母性本能を目覚めさせた。

キャシー・マーティンさんは言う。
「ハニーは子猫をなめてかわいがりはじめました。2、3日のうちに、ハニーは自然に授乳をはじめました。子猫はそれを受け入れました」
彼女の夫、ジミーさんが6週間前に猫を連れ帰った。

家族は当初、こんなに大きな犬が子猫の面倒を見るのは危険ではないかと心配した。しかしハニーは、子猫が来たことで上機嫌になり、家中をしっぽを振って跳ね回っているそうだ。子猫はプレシャスと名付けられた。

現在、プレシャスは犬の骨で遊び、ハニーはプレシャスをじゃれつかせている。

「ハニーはプレシャスが犬だと思っているんです。彼女は本当にぴったり適応しました」


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081191956409.html

母性本能なんていいますが、ミルク出るんですね。
プレシャス!元気に育てよ。そして

ハニーフラッシュッ!!


・・・とくに意味はありません。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。