レッドスネイク、カモン!

 ブリッジポートで16日、警官2人を襲うよう、ペットである全長270センチのアルビノパイソンをけしかけた男が逮捕された。幸運なことに、大蛇は飼い主の命令を無視したため、けが人などはなかった。

ブリッジポート警察によると、警官に対する脅迫と治安紊乱行為の容疑で逮捕されたのはビクター・ロドリゲス(21)。ロドリゲスの恋人から、「ペットのヘビで脅されている」との通報を受け、警察官がロドリゲスのアパートに駆けつけた。

アパートの管理人がドアを開けると、ロドリゲスはパイソンで警察官を脅し、「あいつらをやっつけろ!」と命じたという。

逮捕されたロドリゲスは保釈金1万ドル(約108万円)で拘置されており、パイソンは市の動物管理シェルターに引き取られた。


ってかよ、もーいーや。
あいっ!WNSのファンの皆様、おこんばんは。
どーやらえきさぃとにきらわれちゃったらしくて、過去に打ったトラックバックがみんな削除されちゃいました。


あたくしが考えるに、酔っ払って買いた記事がアイツラのお気に召さなかったのでありましょう。でもね、このブログ結構人気があるもんで、このままなくなっちゃったんじゃ申し訳ないななんて、創造者たるあたくしは考えていたんですな。


そんなワケで表(別につくりましたがなぁ〜)はソフトに裏はディープにお送りしようと考えてます。

WNSのファン同様、ブクマに登録してご覧くださいな。


さて、男ならわかる自分の大蛇(大蛇じゃないひともいますが)ならある程度コントロール効きますな!ガンバれ海綿帯!みたいな。
そうじゃない方は、泌尿器科へGo!

爬虫類はいうこと聞かないらしいんですゎ。
育て甲斐がないってゆーか・・・。バカデスナ!笛吹きゃゆーこときくのにねぇ。

ヘビからネズミにペットチェ〜ンジ

 ロチェスター郊外の民家で、1人の女性がネズミ数百匹、さらに栄養失調状態のヘビ4匹と暮らしていたという。地元警察が発表した。

サーストン郡動物管理当局によると、一ヶ月前に同郡の高齢者福祉局から報告があったが、この女性は「ネズミは友達よ」と話し、当局の指示に非協力的な態度を取っていたそうだ。

水曜日に捜索令状が出されたため警察が女性宅に踏み込んだところ、床には大量のネズミの糞が散らばっており、カーペットは尿でじっとりと湿っていたという。また、同時にボア・コンストリクター2匹を含む4匹のヘビも発見された。

女性は最初、ボアに与える餌としてネズミを購入したとみられており、その結果大量のネズミが繁殖してしまったと考えられている。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081207965131.html

ネズミについてのことわざを調べてみました。
知らないことわざも結構多かったりして楽しいので、是非どーぞ(って内容には触れんのか)


「ねずみ算」っていうくらいネズミの繁殖力はスゴイとはいいますが、なんで餌ばっかりモリモリ繁殖して捕食者のヘビが栄養失調なんでしょうな?


ネズミに愛着が湧いちゃったにしても、ヘビが可愛そうすぎます。

ニバンセンジ

 ドイツ南部のニュルンベルク動物園で9日、人工飼育されているシロクマの赤ちゃん「フロッケ」が初めて一般に公開された。現地メディアによると、体重22キロに成長したフロッケを見ようと囲いの前に家族連れなど約500人が集まった。

 ドイツでは昨年ベルリン動物園でシロクマの赤ちゃん「クヌート」が人気者となっており、ニュルンベルク動物園もフロッケ効果で1日の来園者が最大2万5000人に増えることを見込んでいる。

 クヌートは来園者の大幅な増加に加え、玩具や本、DVDなど関連商品の売り上げによって、ベルリン動物園に約500万ユーロ(約8億円)の収益をもたらした。

 一般公開に先立って8日に行われたフロッケのメディア公開には、世界中の報道機関から300人を超える記者やカメラマンが集まった。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081207816713.html

はいっ!取り合えず書き散らかしても最後にドーブツネタもってくりゃなんとかなるだろって考えて、”フロッケ”ですか?もってきましたがいかがでしょ?今日は毒をたくさん吐きすぎたし、もー酔っ払ってるしダメかな?(なにが?)


人工飼育されているシロクマの赤ちゃん「フロッケ」、ひょっとしたら2匹目のドジョウ、狙ってるんぢゃね?ってうがった見方をしてるのは、あたくしだけ?


とにかく、人気とろーとして、親から無理矢理引きはがして人工飼育なんてすんぢゃねーぞと誰か言ってやってくださいな。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。