紙飛行機が宇宙からご帰還

 日本の研究チームが、紙飛行機を国際宇宙ステーション(ISS)から飛ばし、地球に帰還させることを計画している。東京大学の研究者は6日、特殊な紙で作った小さな「折り紙」飛行機で風洞実験を行い、摂氏250度、音速の7倍の風速の中で30秒間飛ばすことに成功したと発表した。

 紙でできた飛行機はスペースシャトルに比べて非常に軽量なため、大気圏再突入時に生じる摩擦や熱の影響を軽減できる可能性があるという。

 鈴木真二教授(航空宇宙工学)は「紙ヒコーキは非常に軽いので、空気の薄いところで減速しゆっくり下りてこられる」と指摘。「折り紙」飛行機の技術を、将来的に無人の高高度飛行などに応用できる可能性を示唆した。

 研究チームでは、特殊な紙で作った長さ20センチの飛行機を、ISSから日本人宇宙飛行士に投げてもらう計画。鈴木教授によると、地球に到着するまでは数カ月かかる見通しで、着陸場所についてはまったく予想できないという。

 鈴木教授は「メッセージ・イン・ア・ボトルの宇宙版。いつか誰か拾ってくれれば」と話している。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081202448861.html

ほほ〜、なんとなく大気圏で燃え尽きちゃうものだと思っていたのですが、なかなか夢のあるお話ですな。数日前に米国の偵察衛星が落ちてくるなんて物騒なニュースとは大違いであります。


どんな風に特殊な紙なのか、できれば詳しく教えてほしいような気がいたしますな。

コンセプトブラジャー

 下着メーカーのトリンプ・インターナショナル・ジャパンは7日、使い捨ての割りばしではなく再利用できる自分専用はしの使用を呼び掛けるため、コンセプトブラジャー「マイ箸(はし)ブラ」を発表した。

 日本で使用される割りばしの数は推定で年間250億膳(ぜん)。その多くが木材チップの再利用であるものの、より多くの環境意識の高い消費者は、割りばしにみられる「使い捨て」文化への取り組みを求めている。

 このブラジャーは日本の食卓をテーマに、右にご飯茶わん、左にはみそ汁わんをかたどったカップが配置され、ブラジャーの中央には取り外し可能なはし置きが付けられている。

 同社はこれまでに、買い物バックに変形するブラジャーや「ウォームビズ」をコンセプトにした電子レンジで温めることのできるブラジャーなど環境保護をテーマにしたシリーズを発表。「マイ箸ブラ」を含めすべて非売品となっている。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081194492352.html

なるほどエロエロ・・・ァィャ、イロイロ考えるモンですな。
ちなみにあたくしはマイ箸ブラにかくれちゃってる梅干しがなめたい・・・自主規制


きっとこんな話題をふりまくメーカーはいろんなことしてるんだろーなとオフィシャルサイトを見てみると、やはりやってました”ヒップ美人は誰?コンテスト”。なんと日本大会のみならず、世界大会まであります。ってか、知らない間に終わってます(^^;)


尻フェチのあたくし、勝手に言わせてもらえば、カッコいい尻は出産しないと作れないという持論があるのでヒップ美人コンテストとは趣を異にします。誠に残念ですが。


ちなみに募集はまだしてるようです。

わが尻を食らえ


と意気込んでいるあなたは要チェックですょ。

農水省職員 仕事中にウィキペディア

ウィキペディア、調べモノをするために活用するにはこんなに手軽で強い味方はありませんな。
でも農林水産省ではちょっと使い方が違っていたようであります。

 日本の農林水産省職員が、インターネットの百科事典ウィキペディアに「ガンダム」についての書き込みを多数していたことが分かり、厳重注意処分となった。

農水省は職員の名前を明らかにしていないが、この職員は職場のパソコンを使用して日本語版ウィキペディアに260回、人気アニメ番組「機動戦士ガンダム」についての記述をしていたという。

同省関係者は、「ガンダムは農水省の管轄ではありません」とコメント。また、映画や看板の誤字について書き込んでいた職員5名も同様の処分を受けた。2003年以来、この6名のウィキペディアへの書き込み件数は合計408回であることが判明している。

世界貿易機関や自由貿易協定について書き込みしていた職員もいたが、こちらは処分されていない。

ウィキペディアは誰でも書き込むことができるネット上の百科事典だが、個人的意見が書かれている場合もある。公務員の書き込みが多いことを以前からメディアが報じていたため、内部調査が行われていた。

農水省は職場のパソコンからウィキペディアへアクセスできないようにし、仕事中に同サイトを閲覧することを禁じる命令を出した。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081191719974.html

次はおうちからどーぞ。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。