その人たち、手つないでなかった?

 ウエリントン郊外の高速道路で100歳と99歳の夫婦が自動車で反対車線を逆走し、走ってきた車に衝突する事故とを起こした。

2人は幸い軽傷を負っただけで命に別状なかったが、免許取り消しになる見込み。

警察広報によると、2人は反対車線で、事故を起こすまで、何台もの対向車を奇跡的にかわしながら走り続けたという。

2人は不起訴処分となる。警察は事故の時、どちらが運転していたのか、どのような経緯で反対車線に入りこんだのかを捜査している。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081212747756.html

どのくらい反射神経が残っているか(残っているか?)テストしてましたなんてコメントを出してほしかったです・・・個人的に。


とっても危ないのはわかりますが、意外と大事故にはならないもんでありますな。

ネズミだけに尾をひきそうです

 ファカタネ地方裁判所は木曜日、15歳の少年にハリネズミを投げつけてケガを負わせた男に罰金の支払いを命じた。

事件があったのは2月9日で、ウィリアム・シンガラーフが傷害容疑で逮捕された。

警察の発表によると、ハリネズミは少年の足に当たり、病院へ行く程のケガではなかったものの、みみず腫れ、数カ所に刺し傷を残したという。

シンガラーフはこれまで法廷で無罪を主張していたが、今回法廷は罰金545ドルの判決を下し、その内389ドルを被害者の少年に支払うことを命じた。

武器使用の傷害容疑で有罪となれば、最高5年間の禁固刑になる可能性があった。

シンガラーフが生きているハリネズミを投げつけたのかは不明だが、警察が証拠品として押収したときは死んでいたという。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081212201384.html

男と少年の間では決着をみたようですが、肝心のハリネズミくんとの係争はまだ続きそうであります。

決着はハリネズミだけに尾をひきそうですと思ったらもう亡くなってしまったんですね。ってか命を粗末にすんなぁ〜

お財布ケータイの次にくるもの?

 ガソリンスタンドでの代金をマリフアナで支払おうとしたニュージーランドの男(28)が、警察に逮捕された。現地紙ドミニオン・ポストが伝えた。

 この男はチョコレートとポテトチップスを買おうとレジに並んでいたところ、現金を持っていないことに気付き、マリフアナでの支払いを思い付いたという。ただ、男の後ろに並んでいたのが警察官だったため、この試みが実行に移されることはなかった。

 同紙は、ガソリンスタンド内にパトカーが停車していたのに気が付かないほど、男は空腹だったのだろうと報じている。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081211261041.html

背に腹はかえられない(大きな苦痛を避けるためには、小さな苦痛は止むを得ない)といいますが・・・誤用でした。腹減ってただけですから。しかも背中のところに警官がいたし。

運がいいとか悪いとかではなくて、いろんなところでやってたのかもしれませんな。

スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。