巨大魚捕獲コンテスト

 ナイジェリア北東部のArgunguの川で先週末、数千人の半裸の男性たちが巨大な魚を捕獲するコンテストが開かれた。

 同コンテストは、当地で4日間にわたって開かれるArgungu祭りのクライマックスとなるイベント。

 今回のコンテストで捕獲された最大の獲物は重さ65キロの「ギンザメ」で、素手で捕獲した男性には賞金400万ナイラ(約330万円)が贈られた。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081205817151.html

こんなデカい魚が素手で捕まえられるわけないだろ!とツッコミをいれたくなりましたが、コンテストの参加者は数千人。魚も逃げ場がなかったんでしょうな。


それにしても、数千人の半裸の男性あまり見たくない絵だったりします。

これも勉学? 学校では教えてくれないからなぁ(笑)

やっぱり好きなことから入らないと使えるようにはなりませんからな。
そーいった意味では、わかりやすくて非常によろしい!

 米国の支援団体からノートパソコンを贈られたナイジェリアの小学生たちが、もらったパソコンでポルノサイトを閲覧していたことが分かったという。ナイジェリア通信(NAN)が木曜日に報じた。

NANによると、子供たちが使用しているノートパソコン数台に、ポルノ写真が保存されているのを記者が発見した。

同通信は「子供たちは自由にポルノサイトを閲覧していた。アブジャの小学生にノートパソコンを使って勉学に励んでもらおうとしたが、その努力は無駄に終わった」と報じた。

途上国の子供たちすべてにノートパソコンを提供しようとしているOLPC(One Laptop Per Child)はこの報道を受け、予備計画の一部として今後はパソコンにフィルターをかけると発表した。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081184983854.html

放っておいたらきっとLANの設定やら何から自分等でやったと思われます。それがエロの力(^^)

今後はフィルターをかけるようでありますが、この小学生の中から優秀な技術者が出ることを期待してます。

えっ?勘違い……。

 ナイジェリアで行われる次期大統領選の立候補者に対し、健康上の問題を指摘する声が上がっている中、「私を批判する人たちとスカッシュの試合をして、自分が健康であることを証明したい」とこの立候補者が話しているという。(後略)


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081168133485.html

「自分は健康だ」と根拠のない過信から健康診断さえしない人よりは持病を自覚してスポーツをしたり食事に気を配ったりする方が、ずっと健康的だと言うことですな。

かといって「12試合連続で……」などと挑発して見せるのはどうかと思います。
仮にも有権者ですから……。

でもそんなに強がっても

オバサンには勝てないでしょうね、


なにしろものすごいパワフルですから


えっ?オバサンジョ大統領?……すみません勘違いでした。(^^;)
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。