餃子からメタミドホス、そしてスナック菓子から・・・

 18日のソウル株式市場では、食品メーカー農心<004370.KS>の株価が下落している。韓国食品医薬品安全庁(KDFA)が、同社の人気スナック菓子の袋からネズミの頭とみられる異物が発見されたと発表したことが背景。

 ネズミの死骸(しがい)の一部とみられる写真が17日遅くに公開されて以降、同国の小売店では同スナック菓子を棚から取り除く動きが全国的に広がっている。

 KDFAは異物について、中国・青島にある工場での製品加工もしくは包装の過程に混入したとみている。

 一方、農心のスポークスマンは、ネズミの頭とみられる異物が混入した場所が中国であるかどうかは分からないとしている。

 同社の株価は日本時間午後1時39分現在、前日比3.39%安で取引されている。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081205816282.html

またもや中国産ですか。いったいどーなってるんでしょう。
例の毒入り餃子の時は強気というか逆ギレ気味でしたが、この件ではどんな言い訳を用意してるんでしょうな。


とにかく「食の安全」なんてこれっぽっちも考えてないんだなってことはわかりました。メイドインシナには注意しましょう。

春の風物詩?

 韓国は3日、中国大陸内陸部のゴビ砂漠から飛来する有害物質を含んだ黄砂の影響で、学校を閉鎖する措置に踏み切った。メモリチップ製造工場などでも安全対策が強化された。

 韓国当局は、先週末に黄砂注意報を出したのに続き、3日には南東部の幼稚園と小学校に通う児童の保護者に対し、子どもたちを自宅待機させるよう要請。その理由について、釜山のある教育関係者は、その世代の子どもたちは免疫システムがまだ弱いためとしている。

 同国では、毎年この時期に中国から飛来する黄砂により、多数の死者と数十億ドル(数千億円)規模の損害が出ているという。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081204521842.html

日本では花粉症、韓国では黄砂。春はキツイですな。
今日あたりは日本にも飛来するなんて話もありましたが、なんにしても春にはマスクは必需品になりつつありますね。

まつたけ かく らち

 北朝鮮の金正日総書記は、南北首脳会談で平壌を訪問していた韓国の盧武鉉大統領に対し、4トンのマツタケを贈呈していたことが分かった。価格は最高260万ドル(約3億円)相当だという。韓国メディアが5日に伝えた。

 マツタケは韓国では1キロ当たり60万ウォン(約7万6000円)ほどで売られている。

 金総書記は、盧大統領が3日間の日程を終えた後に持ち帰れるよう、マツタケ500箱を国境までトラックで送っていた。

 報道によると、同大統領はマツタケを感謝して受け取ったという。

 金総書記は、金大中前韓国大統領と初めて南北首脳会談を行った際には、3トンのマツタケを贈っていた。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081191553946.html


土瓶蒸し・・・、イヤまつたけを大量に送ってお茶を濁そうという腹のうちがプンプンとにおってきます。諸問題が山積みなのにも関わらず悠長なこってすな。


ちなみに写真は200グラムで15,750 円だそうです。
匂いのない朝鮮産ではなく、国産で濃厚なのをどーぞ。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。