住宅ローン返済のために一か八か腹をくくる

 職を失って住宅ローンの支払いに困ったスペイン人の不動産業者が、マドリード近郊にあるアパートを景品に、宝くじの販売を始めた。

 この男性は32万ユーロ(約5200万円)のアパートの8割に相当するローンを抱えており、物件を売却しようとしたが買い手が見つからなかった。そこで宝くじの売り上げを返済に充てることを計画、1枚5ユーロ(約820円)のくじを6万4000枚販売することを目指している。

 男性は2005年に同物件を購入したものの、その後職を失い、ローンの返済に困り眠れない夜が続いていたという。

 マドリードのベッドタウン、Ciempozuelosにある同アパートについて、譲渡条件などの契約内容の詳細は男性のウェブサイトで提供されている。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081211950490.html

日本では「当せん金付証票法」という法律でがっちりかためられており、個人が宝くじを販売したりすると罰せられるようであります。生活に困窮したりすると、いわゆるバクチに手を出したりしがちですが、この方も多少方向は違うだけで同じなのでしょうか。


ってか、売っちゃっていいの?


ぷっくり唇やぷわぷわほっぺ

 唇や頬(ほお)などの見た目を良くするのに使われる注入ジェルなどが、腫れやこぶなどの問題を引き起こす可能性があると、スペイン・バルセロナ自治大付属Vall d'Hebron大学病院の研究チームが19日に報告した。

 同チームによると、これまで目立った拒絶反応や副作用がないと報告され、主に欧州で使用されてきたpolyalkylimideと呼ばれる成分でできた注入ジェルだが、最近の実例で安全性に疑問が出てきたという。

 同報告は、皮膚科学の専門誌「Archives of Dermatology」に掲載された。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081211267486.html

インプラントは、骨(つまり歯茎の部分)の中に金属などを埋め込むことと理解していたのですが、ちょっと趣が違うようでありますな。

ってか、↑このインプラントもある程度リスクがあるようでひいてしまうのに顔面へのインプラントっていったい・・・?
ジェルを注入してぷっくり唇ややわらかそうなホッペを作るということなのでしょうかねぇ。まぁ、異物を体内に取り入れるワケですからリスクはつきものでしょうな。


ちなみにぽっこりお腹は・・・ダイエットするしか?


タグ:polyalkylimide

ワンちゃんの健康祈願コスプレ儀式

 ニカラグアのマサヤで9日、飼い犬の健康を祈願する毎年恒例の儀式が行われ、赤ちゃん姿やピエロ姿など、さまざまな服で着飾った犬の姿がみられた。

 教会の中にある聖人の絵を通り過ぎるこの儀式に参加するため、犬を連れた多くの人が長い列を作った。飼い主たちは、犬の病気が治ったのを感謝したり、犬が病気にならないよう祈ったりするという。

 サッカーのユニフォームを着た飼い犬を連れた女性は「ここに連れてきたから(この犬は)病気にはならない」と話した。

 地元住民によると、この風習はニカラグアがスペインの植民地時代だったころからのものだという。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081205195103.html

なんとも不思議な儀式ですが、きっとワンちゃんの飼い主のセンスが試される場なんでしょうな。


優勝者とか決める大会でなくて、なんだかほっとしております。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。