海運業界もエコ

原油高騰でしかたなく・・・といった意味合いが強いようですが、帆船が復活したようであります。
ガソリン高騰から遠出するのを控えたり、燃油サーチャージが海外旅行の出足を鈍らせたりと各方面に大きな影響を及ぼしているのはご承知のとおりでありますが、なんだか帆船復活はあたくし的にはワクワクする出来事。とりたててどこかに行く訳ではないんですけどね。

古き良き時代に活躍したモノが復活するのは、なんだか胸踊りますな。


燃料高騰で帆船による海運が復活

現代の帆船による商用輸送としては初めてフランスワイン3万本が運ばれていて、6日後にダブリンに到着するそうです。これを行っているのは海運のCompagnie de Transport Maritime a la Voile社(CTMV)で、CTMVは108隻の古い船を所有しており、その速度は8ノットと現代の貨物船の半分ですが汚染を引き起こすことはありません。世界中を運行している5万隻の商船は毎年8億トンの二酸化炭素を排出しているそうです。

CTMVはフランス南部の80のブドウ農家からアイルランドへのワイン輸送を請け負っており、アイルランドからフランスへ向けてはアイリッシュウィスキーやスコッチを輸送しています。また、1900年に創業したKathleen & May社でも、長らく帆船を使って石炭や泥の輸送を行っているそうです。

フランス船主協会によると、風を動力とする船による輸送は市場全体の5%。世界の貿易商材の90%は海運によって輸送されていることを考慮すると貿易に占める割合はかなりのもの。大型帆船は石油燃料の船に比べると速度は落ちますが、環境への影響は少ないことから、近海航路の未来を担う存在なのかも知れません。

これからはエコだからというより、燃料価格高騰によってやむなく帆船を使うしかないというようなケースが出てくるかも知れません。

フランスは人気があるぞと仏観光省が発表

 2007年に海外からフランスを訪れた人は8200万人近くとなり、同国がスペインを抑え世界の観光客にとって「最も人気のある国」の座を維持した。仏観光省が4日、明らかにした。

 外国人観光客数は前年比で4%増。同省は声明で「(フランスに)到着した8200万人のうち、1400万人が乗り継ぎ客、6800万人が最終および主な目的地がフランスだった」としている。

 内訳はドイツ人のほか英国人、ベルギー人などヨーロッパからの観光客が46%を占めた。ドイツ人観光客数が減少した一方で、スイス、イタリア、スペイン、ポルトガルからの観光客数が大幅に伸びた。

 米国からフランスへ訪れた人の数は、前年比では7%増となったものの、ドルが対ユーロで下落した影響を受けて第4・四半期は伸びが鈍化した。

 フランスでの平均滞在日数は、ヨーロッパからの観光客が6泊未満。米国人観光客は8泊のほか、日本人は5泊となっている。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081212656201.html

フランスに限らずヨーローパは、曇りがちで雨が比較的多いんですよね。エッフェル塔や凱旋門など思いつくだけでもフランスの観光名所はありますが、天気がすっきりしないんじゃ辛いですな。

ゴーフルやビスケットなどフランスのお菓子もメジャーだったりします。でも・・・でんでん虫も食うんですから信用おけませんな。それでも人気の旅行先。人気があるなら行ってみようと考えるのが人情であります。そんなあたくしフランスと聞いて連想するモノはフランスベッドだったりしますんで、きっとあまり縁がないのでしょうな。

”保険かけとけ”ととりあえずつぶやいてみる

 当地の総合文化施設ポンピドゥーセンター内にある国立近代美術館で、展示中の美術品が床に落ちて破損していたことが分かった。同美術館が14日に発表した。

 破損したのは米国人アーティスト、コーリー・マコークル氏のアクリル樹脂でできた、重さ14キロの作品。最大160キロを支える装置を用いてつり下げられていた。

 美術館はマコークル氏に作品の破損を連絡し、落下の原因について調査を開始したことを明らかにした。

 同館では2年前、同様の事故が2度起きている。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081210829365.html

リスクあるところに保険ありとはよく言ったもんですな。
世代間扶養とか訳わからないこと言って破綻寸前の年金制度を死守しようとしているのと併用されてるなんて素敵に映ります。


最大160キロを支える装置とかいってますが、14キロを支えられないんじゃ誇大広告もいいとこであります。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。