イタリアの総選挙あれこれ

 イタリアでは13日、総選挙の投票が始まったが、国政に抗議するためとして投票用紙を食べたビジネスマン(41)が「選挙関連物損壊」の容疑で逮捕された。ナポリ警察が明らかにした。

 逮捕された男は、イタリアの政治家および政治は全て「腐っている」と話し、これらに抗議するための行動だったとしている。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081208134758.html

そーですか、食べましたか。
しかし、選挙用紙を食べるのはちいさな抵抗。どーせなら投票箱を食べてみて欲しかったですな。


ポルノ女優が立候補したりと、何かと話題の多いイタリアの選挙。アメリカの大統領選とはまた違った意味で注目しましょ

デブで得したこと!

 イタリアにあるシチリア島の裁判所が、受刑者であるマフィアのメンバー(36)が国内の刑務所への収監に適さないほど太っていることから、自宅監禁を許可する判断を下した。受刑者の弁護士が、ロイターに対して地元紙の報道を認めた。

 サルバトーレ・フェランティ受刑者の体重は210キロ。

 フェランティ受刑者はこれまで同国内の4カ所の刑務所で6カ月間を過ごしたが、衣服の脱ぎ着や移動などに補助が必要だったり、体のサイズに合うベッドがなかったりして刑務所側から苦情が出ていた。このため、弁護士が裁判所に同受刑者の自宅監禁を求める申し立てを行っていた。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081205371158.html

ダイエットだメタボだとデブにかかるプレッシャーが多い今日この頃であります。寒い冬も終わって、今年もそろそろ額を流れる汗が暑苦しい季節がきますな。


そんなみなさんが、ちょっとだけ元気になるニュース。
太りすぎてて刑務所から苦情が出たんですって・・・って、この人具体的には何して収監されてたんでしょうね。


まさか太りすぎが原因ではないでしょうけど・・・。

最低の良心

 ミラノの裁判所は、交際相手だった女性の性的な写真を無断でインターネットに掲載した上、1万5000通以上の電子メールで写真をばらまいたイタリア人の男(32)に対し、禁固2年4カ月の実刑判決を下した。

 男はウェブサイトを立ち上げ、元交際相手の写真や携帯電話番号を掲載。この女性が性的なサービスを提供するかのような内容も含まれていたという。

 加えて男は、女性や両親に対して脅迫的な内容の携帯電話メッセージを送っており、名誉棄損や脅迫などでも有罪となった。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081204678422.html

ちょいと知識があれば誰にでもできる作業なのに、やらないのは最低の良心を持ち合わせているから。


振られた腹いせだかなんだか知りませんが、一線をまたいでしまうヒトは稀ですがやっぱり存在するんですな。聞くところによりますと、コイツがこれから行くところはただでやりまくれる(やられ?)場所。存分に楽しんで欲しいものです。


そしてできれば2年ちょっとなんて言わずに一生入れといてほしいですな。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。