整形に植毛、アンチエイジングですか?

 イタリアのベルルスコーニ首相(71)は、米大統領選では共和党指名候補が確定したマケイン上院議員を応援している。自分より1カ月だけ年上のマケイン氏が大統領になれば、年を取ったとあまり感じずに済むのが理由という。

 イタリア訪問中のブッシュ米大統領との共同記者会見で同首相は「共和党候補への非常に個人的なひいきを隠すことはできない。なぜなら、もし彼が勝てば自分が(主要国首脳で)最高齢ではなくなるからだ」と述べた。

 ベルルスコーニ首相が1936年9月29生まれなのに対し、マケイン氏は8月29日生まれで、その差はわずか1カ月。植毛手術や美容整形手術も受けたことがあるベルルスコーニ首相は、実際の年齢よりかなり若く見える。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081213333312.html

整形や植毛までして見ためにこだわりをもつイタリア首相。今度は年齢だけピンポイントに気にしてマケイン氏を応援ですか。

一国の首相ならもっと気にすべきことがあると思うのですが・・・。
とりあえずナポリのゴミ問題はどーした?とツッコミを入れたくなりますな。

朝の礼拝中にはげんじゃった♪

 教会の告解部屋で性交渉を行ったとしてイタリア人のカップルが警察に拘束された。2人はその後、行為を行ったことを後悔し、司教とも和解したという。

 30代前半のこの男女は今月、Casenaにある大聖堂で朝の礼拝中に告解部屋で性交渉を行った。2人は公共の場でみだらな行為を行い宗教活動を妨げたとして警告を受けた。

 カップルの弁護人によると、2人は行為に及ぶ前に一晩中酒を飲んでおり、行き過ぎてしまったと説明。11日には地元紙に対し、カップルが10日夜に司祭と面会し、司祭から許しを得たと述べた。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081213230770.html

なんとも罰当たりなカップルですな。
でもなんとなく理解できなくもない今日この頃。

無事許されたようでありますが、次からは見つからないようにお願いしますょ!

情熱の国なのだから

 イタリア政府は、路上での売春客引きの横行に歯止めを掛けるため、「赤線地区」の設置や売春宿の合法化、売春あっせんを終身刑の対象とするなどの提案を検討している。

 同国では、昼夜問わず多くの町でドライバーを対象に路上に立つ売春婦の数が増加している。ある統計によると、国内の売春婦の数は7万―10万人で、半数以上が外国人、65%が路上で客引きをしている。イタリアでは売春自体は禁止されていないが、売春の強制や売り込みは違法。1958年に閉鎖されるまでは国が管理する合法的な売春宿が700軒あった。

 衛星テレビ局スカイが行ったある調査では、回答者の8割以上が売春を赤線地区内に限定することに賛成。フラティニ外相は「欧州(の一部)には赤線地区が存在し、そこでは売春婦は奴隷ではない」と指摘。管理された売春宿のある国は性感染症の予防の面でも効果的との見解を示した。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081212987720.html

それぞれが自分のモノサシで計ってみて答えを出す訳で。
いろんな文化が入り交じっていた方が、楽しめるんですな。
イタリアは情熱の国。フェラーリやマセラティ!いいじゃないですかスーパーカー!
ドイツは変●肉屋しか思い浮かびませんな。フランスはでんでん虫ですか、勝手に食ってろ!
このようにですな、ユーロとか言わないで特色を出してるほうがいいんです。


対欧米は別にしてアジアからは天気が悪かろうと湿気が多かろろうと行くんですから。
フェラーリはきっと買えないでしょうけど、お金貯めていつか行きますんで、文化だけは守っててくださいな。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。