ランボルギーニもオートマが主流?

ムルシエラゴを駆っているワケではありませんが、MT車に乗っています。
MTってのは上り坂で一時停止すると、ちょっとバックしちゃったりするあのマニュアルトランスミッションのことであります。


「ランボルギーニの販売量のうち出荷状態でマニュアルトランスミッションを搭載しているのはわずかに5%に過ぎず…」


ランボルギーニもオートマが主流になっちゃってるんですね。
マニュアルだからこそ車を操れるってのを信条にしているアタクシにはちょっとショックでした。


CO2削減も大切なんでしょうけれど、あんまりうるさいと息がつまりますね。



ランボルギーニの研究開発部門の責任者であるマウリツィオ・レジアーニの談話によるもの。現在、ランボルギーニは小規模生産者として、ヨーロッパではCO2削減義務の免除を受けています。しかし、アメリカ合衆国環境保護庁(EPA)は、ランボルギーニを単一の企業としてみるか、あるいはフォルクスワーゲングループの一部としてとらえるか未だ決定しておらず、後者の場合はかなり厳しい基準をクリアしなければならなくなります。

既に新型ガヤルドLP560-4では従来機種とくらべ18%、軽量カスタムモデルのLP570-4スーパーレジェーラでは20.5%のCO2削減を達成しています。ランボルギーニは2015年までに削減量を35%にするとしており、その過程でマニュアルトランスミッションを廃止する可能性があることを認めました。なおターボなど過給器の追加については「エンジンの反応を悪くする」、4輪駆動の廃止による軽量化は「トラクションが悪化する」と否定。あくまでも走行感にこだわった方向で開発を進めるとしています。

EPAが発表した「2010燃費ガイド」でランボルギーニは4年連続ワースト1を記録、環境性能を向上するため、ランボルギーニは既に燃料直噴システムや可変気筒装置、エタノール燃料への対応、ハイブリッド化、アイドリングストップ機能など様々な新技術に取り組んでいます。

愛好家にとっては残念なことですが、無改造で1000馬力に近いパワーをもつこのようなスーパーカーでは、マニュアルトランスミッションはエネルギー効率の上でも、シフトのチェンジ速度という面から見ても有利とは言えません。また、ランボルギーニの販売量のうち出荷状態でマニュアルトランスミッションを搭載しているのはわずかに5%に過ぎず生産効率という点からも不利になりつつあります。

しかし、マニュアル操作はスーパーカーの「操縦感」「雰囲気」を構成する重要な要素の1つ。フェラーリも原則マニュアルトランスミッションを廃止する方向に進んでおり、これらのブランドが今後どのように差別化を図っていくのかが見物です。
タグ:坂道発進

イタリアのこまったちゃん

 元交際相手の女性を誘拐し、自宅でアイロンがけや食器洗いなどをさせた疑いでイタリア人の男(43)が逮捕された。警察が16日明らかにした。

 男はジェノバにあるパブにいた女性を無理やり車に押し込んで自宅に連れ去り、脅した上でアイロンがけや食器洗いを強要したという。

 パブでの出来事を見ていた女性の友人が警察に通報。男は誘拐の容疑で逮捕された。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081213667533.html

アイロンはしょうがないからクリーニングに出すとして、最近は食器洗いもいい機械が登場しているようでありますな。食器を洗って乾燥までしちゃうとか。そんな食器洗い乾燥機も、据え置くタイプからシステムキッチンへ埋め込むタイプへとシフトしてキッチン周りもスマートになりつつあります。


スマートと言えば、女性を胸毛で口説くというスマートなイタリア人。家事なんて誘拐してまでさせることじゃありませんよ。
タグ:食器乾燥機

テッペンから生やしてみました

 神話のユニコーン(一角獣)のように頭部の中央に角が1本生えているシカが、イタリア・トスカナ地方の自然保護区で発見された。

フィレンツェ郊外プラトの自然科学センターのジルベルト・トッツィ館長は、「ファンタジーが現実になったようです。ユニコーンは昔から神話上の生き物ですから」と語った。

このシカはセンターの公園で生まれた1歳のノロジカで、そのものズバリ『ユニコーン』という愛称が付けられている。同じ時に生まれた双子の兄弟には2本の角が生えており、おそらく遺伝上の欠陥で一本角になったと考えられている。

同館長は、一本角のシカをみたのは初めてで、ユニコーンの神話はこうした突然変異のシカに触発されたものではないか、と言う。

一本角のシカは珍しいが皆無ではない。しかし角が頭部の中央に生えているのは極めてまれだという。

ローマ動物園のフルビオ・フラテチェリ科学部長は、「ふつう一本の角でも頭の脇から生えているもの。これは複雑なケースのように思われます」という。角の位置は、シカが生まれ出たばかりのころに受けた外傷による可能性があるという。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081213325430.html

伝説の一角獣ユニコーンは非常に獰猛だったとか。
元記事にある写真の様子だと微塵も感じられませんな。


とりあえず大切に保護してあげてほしいものであります。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。