ユーモアのセンス

 エイプリルフールの4月1日、世界各地でメディアがさまざまな「うそ」を報じたほか、複数の企業が「いたずら」を発表した。オーストラリアのグーグルは、インターネット上に掲載される前のコンテンツを検索できるサービスを立ち上げたと発表。これにより、明日の株価やスポーツの試合結果なども入手可能になったと「うそ」をついた。

 また、豪航空会社のヴァージン・ブルーは、全国版の新聞で、飛行中に足のマッサージサービスに2時間以上耐えることができたら航空運賃を半額にするとの広告を掲載した。ヴァージンのスポークスマンによると、同社のウェブサイトには1000を超すアクセスがあり、ユーザーも「うそ広告」をユーモアと受け止めるなど反応は上々だったという。

 このほか、英インデペンデント紙は、歯に衣を着せない発言でテレビの人気者となった料理人ゴードン・ラムゼイ氏が、シドニーでのレストラン開業を「品位」の問題で当局から却下されたのを受け、自身が経営するレストラン全店舗で暴言を禁じられていると報じた。

 また、英デーリー・テレグラフ紙は、ペンギンの群れが日光浴をするために南米の熱帯雨林を目指して飛んだとの記事を掲載した


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081207049319.html

エイプリルフールといえば楽しみなのがウソニュース。
微妙なニュースだと、ホントかウソか判別がつかなくて空気まで微妙になったりしますから、ユーモアのセンスが確かでない方はご注意を。


元記事で報じられているニュースで笑わせてくれたのは、最後に紹介されているペンギンでした。なんとなく飛んでいる姿が浮かんだあたくしもやっぱりユーモアのセンスは低そうザンス。

そのとき犯人は・・・

 オーストラリアのアデレードで、自宅で大麻を栽培していた男(35)が泥棒被害に遭い、警察に通報したことで自身の犯行も明るみに出るという事件があった。

 男は18日未明、何者がガラスを割って自宅に侵入する音で目が覚めて警察に通報。家からは栽培していた大麻も一部盗まれていたという。

 警察は家に押し入った犯人らを見つけることはできなかったが、寝室から大麻を発見。サウスオーストラリア州の警察当局によると、男は薬物違反で逮捕された。

 警察は声明で「大麻の栽培は非合法であるだけでなく、住居侵入や暴行など、ほかの犯罪行為を引き寄せる可能性もあることに留意するよう」呼び掛けている。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081206257989.html

助けてほしいときだけ警察のお世話になるってのは、やっぱり都合が良すぎますな。しかし自首でもないのに通報したのに逮捕ってちょっとびっくりするかも。


そのとき犯人は何してたのか、是非知りたいです。

自宅を競売 しかもイーベイで

 結婚生活に終止符を打ったオーストラリアの男性が新しい人生を歩みたいとして、自宅や仕事、友人などを米ネット競売最大手のイーベイに出品することになった。パースに住むイアン・アッシャーさん(44)が18日、当地のテレビ番組に出演して発表した。

 オークション開始日は、6月22日。自宅とその他の人生すべてをセットで競売にかけるという。

 詳細は、イーベイのサイトへのリンクが貼られたアッシャーさんのサイト(www.alife4sale.com)で確認できる。

 アッシャーさんは、オークション終了後には財布とパスポートだけを持って新しい人生を始めるつもりだと語った。また、オークションのことを聞きつけた別れた妻からは「少しおかしいのではないか」と言われたことも明かした。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081205821864.html

ふつう競売というと様々な諸事情で債務者になっちゃった人が行うんですが、なんとも派手な競売でありますな。


とりあえず飛んでみました、アッシャーさんのサイト。
サイト上べつにこれといって変わったことはありませんが、URLを含めて世界中にニュース配信されて、とりあえずアクセスカウンターはまわったことでしょう。


しかし他人の仕事や友人って買えんのか?
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。