出会い系サイトの歩き方

 インターネットの出会い系サイトを通じて約200回のデートをしてきたという女性が、自身の体験を基にした本を出版した。ネット上での出会いや恋愛の「落とし穴」などについて書かれているという。

 ジェーン・コロッキアさん(45)はマンハッタンに住んでいた当時、独身男性との出会いがないと感じていたが、友人の1人がネット上で出会った男性と結婚したのを受け、自身も出会い系サイトに登録することを決心。その後の数年、コロッキアさんには男性からのメールやメッセージが殺到し、美しいと褒める内容もあれば、年齢や体重、結婚歴を偽る相手もおり、コロッキアさんの相談相手になった男性もいたという。

 当初はネット上で出会った男性と実際に会うことには神経質になっていたというコロッキアさんだが、長年の経験から嘘の見破り方も学習したと話す。結婚している男性は写真を掲載しない傾向が強く、携帯電話の番号を教えず、夜遅い時間にインスタントメッセージを送ることを好むと指摘する。

 出会い系サイト業界は成長を続けており、調査会社ジュピター・リサーチによると、米国の業界全体の売上高は過去3年で約2倍の10億4000万ドル(約1080億円)に拡大し、2012年までは年率16%で伸びると予想されている。

 コロッキアさんは「人が出会い系サイトに行くには多くの理由がある。寂しい人やインスタントメッセージをやり取りしたいだけの人もいれば、友情を求めている人、結婚したい人や性交渉目的だけの人もいる」と指摘。実際にデートをする前に相手によく質問し、プロフィールをよく読むようにアドバイスしている。

 その上で、現在はネット上で出会って交際1年半の恋人がいるコロッキアさんは「コンピュータースクリーンの陰から出てくる準備ができていない限り、本当の経験はできない」と語っている。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081211872908.html

ついに出会い系サイトにもマニュアル本が登場したようであります。
やっぱり普段とる行動からいろんな傾向と対策が分析されちゃうわけですな。


電子メールだけが唯一のつながりだったのは、すでに遠い昔。IMやチャット、Skypeなどケーブルのあちら側との距離はかなり縮まっています。まぁ、取り扱いは慎重にいきたいものであります。

グレートバリアリーフで一泊

 オーストラリアのグレートバリアリーフで、ダイビング中に仲間とはぐれたダイバー2人が、20時間ぶりに救出されていたことが分かった。

 警察によると、遭難していたのは英国人男性と米国人女性の2人。救難ヘリコプターが24日、ベイトリーフから約12キロ離れた海上を漂流する2人を発見し、近くの島の病院に搬送した。

 2人は6人グループでボートを借りダイビングをしていたが、23日午後に行方が分からなくなっていた。警察の話では、2人は腰のベルトを互いに巻きつけ、エネルギーを浪費しないように注意しながら、救助を待って夜通し海の上を漂っていたという。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081211779299.html

オーストラリアの海といえばワニやサメによる被害が多発する、ヒトにとってはあまり安全とは呼べない場所だったりする、ある意味野生の王国。そんな海で漂流しながら一晩すごすなんて、なんて豪快な探険なんでありましょう。


無事救助された英国人男性と米国人女性、きっと結婚しちゃうな。あたくしのカンですけど。

ハネムーンもエコの時代

 オーストラリア人の土木技師ジェラルド・ミモさん(36)と妻のレイチェルさん(28)が、環境に優しいハネムーンを開始した。揚げ物の店から出される使用済み植物油を燃料に使ってオーストラリア国内を車で周遊する計画だという。

 2人は特別に改造された四輪駆動車(4WD)に乗り込み、総移動距離3万キロの新婚旅行に挑戦している。エンジンはディーゼルと植物油の両方に対応可能で、これまでのところシドニーからブリスベーンまでの1000キロ余りを走破した。

 ミモさんはブリスベーン・タイムズ紙に対し、エンジンが冷えた状態ではディーゼルを使わないといけないものの、温まった後に植物油に切り替えると話している。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081211358042.html

ガソリンも高いですからな。
しかしホントに環境のコト考えるなら歩いたり、自転車旅行なんてのもありますよ。


新婚ほやほやの熱が地球温暖化に影響が出ないよう祈っております。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。