人の振り見て我振り直せ!携帯中毒度チェック

 食事中でも着替え中でも関係なし……一部オーストラリア人は携帯電話ジャンキーであることが大学の調査により明らかになった。

クイーンズランド工科大学の消費者行動分析における専門家、ダイアナ・ジェームズさんが2500人の携帯電話所持者を対象として行った調査で分かった。ジェームズさん自身も以前は“携帯電話中毒”だったと話している。携帯電話所有者は自分で中毒かどうか判断しており、他人のことは使用している携帯電話の種類で判断しているという。(後略)


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081170579053.html

タッチタイピングをマスターしてからすでに5年以上経過するわたくしにとって、携帯電話のメールは直感的に使えずに患わしくて親指がつりそうになります。かといってPDAに多く採用されているペンデバイスもどーも苦手……

そんなわたしはネットジャンキー


自分のことばかり書いてしまいましたが、お題は携帯中毒です。
時計がわり・デジカメがわり、そしてボイスメモもとれるので、かなり重宝なのですが、外出時にはよく忘れて出かけます。

探してみるとやっぱりあるもので、携帯中毒度チェックというのをみつけました。中毒というより携帯への依存はかなり希薄なのですがちょっとトライしてみます。


@一人の時は、必ずケータイを見ている
No
主にディスプレーを見ているか本を読んでいることが多いです。
ネット中毒に加えて活字中毒でもあります。

A食事をする時、必ずケータイを見ている
No
主に新聞ですな。
やっぱり時事についての情報はまんべんなく新聞で。

B朝起きると、必ずケータイを見る
Yes
というより、携帯のアラームを目覚しとして使っているだけなんですけどね。

C家の中でも、ケータイを持ち歩く。風呂やトイレにも持っていく
No
おきっぱなしだから、外出時に忘れて出かけちゃうんですね(^^;)

Dいろいろな振動にすぐ反応する
Yes
日本は地震大国ですからな……って意味が違いますね。

E圏外の場所には居たく(行きたく)ない
No
気がつくと圏外ってことがありますが、あまり気にしてません。

Fメールをしてすぐ返事が来ないとイライラする。ずっと待っている
No
そんなにイライラするならメールじゃなくて電話しちゃえよ(^^)

G通話料金が月5万円を超える
No
1万円に届いた経験すら数回なのでとてもとても……。


H通話料金が払えなくて、使えなくなった事が何回もある

No
自動引き落としが便利ですよ!

Iメモリに電話番号・アドレスが200人分以上保存してある
No
いま確認したら22件でした。友達少ないんじゃ(-_-;)
というか最近携帯の機種変更したのって、車上荒らしで紛失したときと、水洗トイレに落として流しちゃったときだから、その度にメモリはクリアされているのであります(x_x;)


わたくしは携帯に関しては中毒ではないようですが、あなたはどうですか?

ある精神分析医の”性癖”?

 患者への性的脅迫を行った疑いで告訴されたオーストラリアの精神分析医は、女性患者に犬の首輪をつけ、自分をご主人様と呼ばせるのは精神分析医の倫理的ガイドラインに抵触しないと主張している。

精神分析医ブルース・ビートン被告 (64) は、2005年にも22歳の女性に対する4件の性的脅迫容疑で西オーストラリア地方裁判所の無罪判決を受けている。(後略)


強烈なキャラが登場しましたな!(^^)
自分をご主人様と呼ばせるのは精神分析医の倫理的ガイドラインに抵触しない……裏を返せば

抵触しなきゃなんでもあり


って考えているそのとんちんかんなところが素晴らしいです。

「主人と使用人」療法じゃなくてごっこでしょ(^^)

だいたい主人は使用人に首輪つけたりしないだろ


ツッコミどころ満載ですが、まだ判決は出ていないようです。
真剣に真偽が続けられているのか、それともみんな飽きれちゃってるのかは不明ですが、続報を希望します。

破壊者から守ってください by 小人像

 その事件は「ノームズビルの大虐殺」と呼ばれている。オーストラリア西部のノームズビル当局は、観光の目玉である小人(ノーム)の像を破壊している犯人に懸賞金をかけた。(後略)


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081169782304.html

千葉県某所には埴輪で有名な自治体があります。埴輪を前面に観光などに力をいれているようで、交差点やら橋の藍関やら至るところに登場して、やたらと人目を引きます。
しかしバカはどこにもいるようで、オーストラリアの小人像ではありませんが、悪戯の標的になっているらしく破壊されている埴輪が多いようです。

小人像……写真をみる限り表情のない埴輪とは違って壊したりすると祟られそうなちょっと怖いイメージを受けるのは気のせいでしょうか?

犯人捕獲の懸賞金は日本円で約4万8千円……トレジャーハンターには見向きもされないかもしれませんが、小人たちにすれば死活問題。お小遣いが星井方は是非……。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。