トム・ソーヤかっ?

 休暇に出かけていたオステル夫妻は月曜日、メルボルンの家に帰ってショックを受けた。警察が彼らの家で、彼らの「疑わしい蒸発」について記者会見を開こうとしていたところだったからだ。

ウィリアムさんとヘザーさんの娘アンジェラさんは、木曜日から両親の姿を見ておらず、連絡も受けていなかった。彼女は両親の家へ行き、正面の扉が開いており、車も見あたらず、犬だけが家に残っているのを発見した。
そこで彼女は警察を呼び、両親が行方不明だと伝えた。

月曜の朝、オステル夫妻の家では、彼らの目撃情報を収集するために殺人課の刑事によって記者会見が行われようとしていた。

ヘザー・オステルさん (58) は、「思いつきで」休暇をとっていて娘に連絡できなかった、と記者たちに言った。

「私たちは金曜の朝、(休憩を取ると) 決めました。それを言ったのは2、3人にだけでした」と、彼女は語った。 彼らは犬の世話を隣人に頼み、うっかり鍵を閉め忘れた。

「私は今回の件を夫のせいにするつもりです。私たちはセキュリティをちゃんと意識してます。ただここを出てどこかに行きたかっただけなんです」と、彼女は言う。

夫妻は家での騒動にショックを受け、娘を心配させたことを申し訳なく思っているという。
「私は彼女と仲直りしなければならないでしょう」と、ヘザーさんは言った。




『トム・ソーヤーの冒険』で似たようなシーンがありましたな。
葬式にひょっこり帰ってきたんでしたっけ?


まぁ、連絡もなくカギもかけずにふいにいなくなりゃ大騒ぎになりますわな。


しかし記事を熟読してみると、おかしな点に気づきます。
大騒ぎになってる最中、犬の世話を頼まれた隣人は何をしていたんでしょう?・・・謎であります。

慣らし運転おわりました!

 メルボルンのカーディーラーから、6日間かけて内陸部まで3200キロを「試乗」したオーストラリア人の男(30)が逮捕された。警察が6日発表した。

 男は2月29日、4万豪ドル(約390万円)相当のホンダ「アコード」を借り、ロンドンからイスタンブールに相当する距離を走行、同国の内陸奥深く、北部準州のテナントクリーク近郊で身柄を拘束された。

 テナントクリークの警察当局者がロイターに語ったところでは、男は途中の村落でガソリン代を支払わなかったため、警察の道路封鎖に捕まり、おとなしく逮捕された。

 警察が把握しているケースでは過去最長の「試乗」事件となった。

 カーディーラーのオーナーは、テナントクリークに達するには連日、1日中運転しなればならなかったはずだと指摘。地元紙に対し、男はきちんとした紳士風で、防犯カメラを警戒する様子もなかったと語った。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081204764840.html

ディーラーもきっとその辺をグルッと回って帰ってくる程度だと思ったでしょうな。まさか慣らし運転済んじゃうほどとは予想もしてないのでは?


ってか、ヒトの車って借り物感が抜けないものですが、3000キロ超も走ればすっかり車にも慣れちゃいますね。


実際にこのオトコがアコードを返す気があったのかどーか聞いてほしいですな。

手間隙かけても同じ味

 オーストラリアの食品の専門家らによると、オーガニックで育てられたニワトリと大量生産型の養鶏場のニワトリとの間に、肉の味の面では違いがないことが分かった。

 豪消費者団体「チョイス」が専門家4人に、オーガニック2種、放し飼い2種、コーン肥育1種、通常の養鶏3種のニワトリを素材にしたローストチキン8種類を試食してもらったところ、味の違いが分からなかった。

 チョイスは声明で「大きな違いはなかったが、鶏肉に昔ほど食味がないという点では全員が一致した」としている。同団体によると、2キロの鶏肉を生産するのにかける日数は1960年代以降、70日間から40日間前後に約半減している。一方、オーガニックの基準では63―70日間かけて成長させることが定められている。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081204605058.html

オーガニックで検索をかけてみると、ヒットする情報ほとんどがアフィリエイト情報。じゃ、あたくしもオーガニックをキーワードにブログでもつくってみよっかな?なんて違う方向へ行きそうになってしまいました。


なるほど、味が変わらないとなるといくら健康に良い!と煽られてもなびかなくなっちゃって、通販で鶏肉を買う必要ないやと考えるようになった自分がちょっとかわいいと思える今日この頃。


鶏舎内のケージに1羽ずつ入れて飼うんじゃなく、放し飼いにすると肉が締まるなんて養鶏場の方から聞いたこともあります。トリに関してはなんだか価値観を帰る必要がありそうですな。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。