スウェーデンカテゴリの記事一覧

アパートで白鳥と同居?

 スウェーデンで高齢の女性が、ストックホルムにあるアパートで11羽の白鳥を過剰に保護したために、動物保護条例違反で起訴されるという。地元警察が1日、明らかにした。

女性は2001年以来、ケガをした白鳥たちを広さ25平方メートルのアパートに連れて行き、世話をしていた。警察は白鳥たちを保護、正式なシェルターに移送した。

警察広報はロイターに「11羽の大きな白鳥を移送するのは大仕事でした。白鳥は最もおとなしい動物、というわけじゃありませんから」と語った。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081170387485.html

短い期間、一時的に保護するならわかりますけれどこの女性6年間、しかも11羽の白鳥の団体さんと生活していたんでしょうか?
このブログでは過去に動物愛護をしている方たちの過剰な様子をお伝えしてきましたので、てっきり同様のニュースなのかと思っていました。

個人的には動物好きというわけではないのですが、手当をしてあげているうちの情が移っちゃったんでしょうか(^^)
なんとなくその気持ちわかります。きっとやさしい女性なんでしょうな。

似たような境遇で

スウェーデンの小さな村で暮らす人々が、その村名のおかげで周囲から冷笑されており、もううんざりだと村の名前を変えてくれるよう当局に嘆願書を提出した。(後略)


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081166332783.html

世界には似たような環境の人達がいるものです。
実はわたくしが住んでいる場所も"スウェーデンの小さな村"に負けず劣らず……だったりします。

今年始めの市町村合併で、とうとうこの名前から離れられると喜んでいたのですが、土壇場ではじかれて合併できず(x_x;)
このショックは、その環境で暮らさないとやっぱりわかならいよなぁ。

その場所さえも知りませんが「Fjuckby村」の皆さん、村の改名活動がんばってください。応援してます。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。