シンガポールカテゴリの記事一覧

バッキンバッキン

 シンガポールのテレビ局『チャンネル5』が、ゲイのカップルと養子の赤ん坊を取りあげた番組を放映したが、「ゲイのライフスタイルを助長する」として日本円に換算して約110万円の罰金を科せられた。メディア開発局がウェブサイトで発表した。

問題とされたのは、家と装飾品に関する連続番組『Find and Design』の1エピソードで、娯楽室を養子にした赤ちゃんのための部屋に改装するゲイのカップルを特集したもの。

当局は、番組にはゲイのカップルと赤ん坊が出てくるシーンがあり、司会者が「ゲイのライフスタイルと慣例に従わない家族構成を正常化する」かたちで、彼らを祝福し認めていると指摘。公共電波を使うテレビ番組の規則に違反しているとした。

シンガポールの法律では、同性愛は「吐き気を催す淫らな行為」と見なされ、最高禁固2年の刑が科せられる。

しかし、実際に同性愛が摘発されることは滅多にない。当局は、同性愛をライフスタイルの選択の一つとして主張するべきではないとして、ゲイのフェスティバルやゲイ映画の検閲を行っている。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081209094343.html

シンガポールと言えば罰金制度が非常に厳しい国。道にツバを吐いたり、駅の構内や地下鉄・バスの中など公共名場所での飲食についても罰金、ゴミのポイ捨ても罰金というバッキンバッキンな国なんですな。


そんなお国柄でありますから「吐き気を催す・・・」に罰金がかからないはずはないということで・・・特定のヒトには厳しい環境ですね。

ぶらぶら…

 シンガポールの拘置所で2カ月前に発生したイスラム過激派とみられる容疑者の脱走事件で、容疑者の男が便所にズボンを残したまま、無施錠の窓から逃走していたことが分かった。

 同国のウォン・カンセン(黄根成)副首相兼内相が21日、同事件の捜査に関する国会審議で明かした。

 脱走したのは、アルカイダとの関連が指摘されるジェマ・イスラミア(JI)のシンガポール支部のリーダー、マス・スラマット・ビン・カスタリ容疑者。

 カンセン副首相は、もしもカスタリ容疑者にJIとの合流を許した場合、シンガポールを攻撃する恐れがあると指摘した。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081208842182.html

ズボンが遺留物ねぇ、なるほど。
それなら下半身の特徴を公開してみては・・・まぁ、いつまでもブラブラしてるわけではないですからな、やっぱり無意味ですか。


シンガポール支部とか言っちゃって、おもいっきり素性はぶらぶら・・・いやっ、ばればれなんですな。

具の具合

 シンガポールで3日行われた下着のファッションショーで、ダイヤモンドをあしらった16万8000シンガポールドル(約1250万円)相当のTバックが披露され、注目を集めた。

 「The Triumph Luxurious Diamond Thong」と呼ばれるこの下着は、花柄の黒いレースにブリリアントカットのダイヤモンド518個、合計30カラットが飾り付けられ、ホワイトゴールドの飾り房も27個ぶら下がっている。

 ショーでこの下着を着用したモデルの女性は、舞台裏でロイターに対し「とても着心地が良かった。重いとかちくちくすることもなかった」と語った。

 製作元である下着会社トリンプ・インターナショナルのスポークスマンは「特別な一品なので売る予定はない」とした上で、ドライクリーニングした後に展示すると話した。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081207271653.html

正直な話、下着なんてどーでもいいです。
具の具合の方がよっぽど気になりますな。

って、これ以上書いちゃうとエロサイトになっちゃいますんで次イキましょ!
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。