母の日に寄せて

 母親が行った料理や掃除などに対して賃金が支払われた場合、年収1千万円を容易に超えるとの試算結果がカナダで発表された。

 母親1万8000人に対して、家事や育児など一般的な仕事内容のリストアップを依頼。その内容やかかる時間など、それぞれの労働に対する給与額について民間会社Salary.comが試算を行った。

 カナダではリスト上位10位の仕事について、家事に対する給与額は主婦で12万5000カナダドル(残業代込み、約1280万円)、仕事を持つ母親で、実際の所得を除き7万5000カナダドル(約770万円)だった。

 給与が高い理由として残業時間の多さが挙げられており、主婦は90時間以上、仕事を持つ母親でも仕事以外に54.6時間残業しているという。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081210499735.html

この試算によるとダンナより稼いじゃってる主婦がゴロゴロいるってことでありますな。ダンナの収入でやりくりしてる専業もしくはそれに近い主婦だと、もはや「扶養されてる」って意識はなくなってしまうのかも。

どーやらおかあさん、ありがとって言わせたいらしいですな。
タグ:母の日

ちょっと待て!

 カナダのオンタリオ州ロンドンにあるドーナツ店で働いていたニコール・リリマンさん(27)は、16セント(約16円)相当の一口サイズのドーナツを幼児にあげたことが原因で解雇された。ただ、この話題がメディアを通じて騒ぎとなり、解雇は8日に取り消された。

 カナダの大手ドーナツチェーン、ティム・ホートンズの店舗で働いていたシングルマザーのリリマンさんだが、幼児に小さなドーナツを与えた様子が監視カメラに写り、それが原因で仕事を解雇された。

 トロント・スター紙の取材に対してリリマンさんは、幼児がドーナツを指差しているのを見て気持ちが動いたと当事の心境を説明。「財布を取りに行って小銭を持ってくるべきだったが、忙しかった」と述べた。

 ティム・ホートンズは8日、解雇は誤りだったと表明。同社のスポークスマンは「不幸にも過度に熱心な決断をした1人のマネジャーによる残念な行動だった。ありがたいことに状況を正すことができた」と述べた。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081210326454.html

なんとなくマスコミに取り上げられて騒がれたから解雇は誤りだったって言ってねぇか?
まぁ、サービス業だからお客さんにソッポ向かれたくないって気持ちはわかりますが、なんだか個人的にはかなり印象悪いんですけど・・・。


「欲しいドーナツを指さして」ってあらかじめ仕込んだ幼児をたくさん連れて、うす汚れたカッコで行ってみようかしらと考えてしまったあたくしは不謹慎ですかぃ?

イケメン対策 マナーの向上に全力をつくせ!

 容姿が平凡でマナーの良い男性が最も信頼されやすい一方、外見の良い男性の信頼度が最も低いという調査結果が明らかになった。

 同調査は、カナディアン・クラブ・ウイスキーの委託を受け、広告会社ケッチャム・グローバル・リサーチ・ネットワークと、ブランド開発などを行うMARCリサーチが共同で実施。カナダ人515人と米国人515人を対象に、電話を使って調べた。

 それによると、カナダ人・米国人ともに、恋愛対象となり得る人たちの関心を引くのに良いマナーが大切という点では意見が一致したものの、カナダ人は外見の良い人々に対して不信感を持っていた。

 外見の良い男性を信頼すると回答したカナダ人は17%だった。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081208942682.html

男は顔・・・じゃないみたいでホッとしました。
ってか、外見にばかり惑わされているわけではないってことですな。

外見の良い男性を信頼すると回答した17%のカナダの方々、騙されないようにご注意ください。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。