大統領のいうことには…

 ロシアのメドベージェフ大統領は11日、キリル文字を使ったインターネット・ドメインネームの割り当てを求めた。ロシア語を国際言語に推進する政府の方針の一環。

 ロシア当局は、旧ソ連で主要言語だったロシア語の地位が、各地域の言語や英語の使用拡大によって脅かされていると懸念。国家のプライドにかけてロシア語を保護したいと考えている。

 同国のウェブサイトは現在、国コードにローマ字の「.ru」もしくは旧ソ連時代からの「.su」を使っているが、業界関係者によれば、政府はロシア連邦を意味する「.rf」をキリル文字で表したドメインネームを希望しているという。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081213242535.html

そうそう、ロシア大統領は”フサフサ”に替わったんでありました。まだハゲ・・・プーチンのイメージが色濃いあたくし、この記事微妙であります。


記事の途中でありますが、担当替わりました。
まずはドメインはひとつに決めてほしいですな。混乱の原因になりますし、地球温暖化で危ういところもありますから・・・。


個人的な意見をひとつ。
キリル文字うぜぇ。

意外な場所でドレスの発表会

ウラジオストクの北160キロにある当地の女子刑務所で7日、受刑者が制作したドレスの発表会が行われた。

 すそが足元まである古典的なドレスから、肌を露出した民族衣装のようなデザインのものなど、色とりどりのドレスを身にまとった受刑者らは観衆に向かってポーズを取るなどしていた。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081213010188.html

ドレスというとパーティーや女性が憧れるであろうウェディングドレスなど「幸せ」を連想させますが、なんだかちょっと対極にあると思われる刑務所での発表会という話題であります。


これも社会復帰後の手に職をつけさせるための職業訓練の一貫なのでありましょうか。元記事に貼りつけてある写真のモデルもかなりのスタイルの持ち主。俺も頑張るからお前も頑張れと、ちょっと応援してみたくなってしまいました。

どこへ運べばいいですか?

 ロシアのサンクトペテルブルク中心部で24日、「妻運び競争」のイベントが開催された。

 夫が妻を抱えて走る同レースの参加者の中にはバランスを崩して転倒する夫婦の姿も見られ、沿道の観客を沸かせていた。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081211704950.html

夫はシェイプアップ&筋トレ、そして妻はダイエットが勝利のカギを握りそうな過酷なレース。妻が太っていて、夫は荷物を持ったときの感覚が勝敗を分けるめかたでドン!とは、ある意味対極に位置する競技であります。


夫婦喧嘩のネタになりますんで、転倒はイカンだろ〜とひとり突っ込んでみるあたくし。近頃嫁さんをダッコしなくなりました。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。