その”別荘”は快適なの? 〜律義な犯罪者

 週末だけの一時釈放で出所していた受刑者が、車を盗んで刑務所に戻ってきたため6カ月の刑期延長となった。

裁判所関係者によると、問題となっているのはアイルランドのアークローにあるオープン・プリズン(制約の少ない開かれた刑務所)に服役していたトレボー・ドイル(25)。刑務所に戻るためバスに乗ったが、眠ってしまい降車するバス停を乗り過ごしてしまった。このためドイルは車を盗んで刑務所に帰ってきたという。

裁判所はドイルの過去の罪状については明らかにしていないが、今回の件で刑期の延長、さらに酒気検査を拒否したため罰金300ユーロ(約4万7200円)の判決が下された。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081169864631.html

「帰らなくちゃ」という動機からの行動だけみれば”模範囚”なのでしょうけれど、手段がねぇ……。まぁバスの運転手に八つ当たりして傷害事件起こし
ちゃったりするよりも良かったのかもしれません。

もともと何して捕まったのかが明かされていないのが釈然としませんな。まさか車泥棒だったりして?

でも、週末に家に帰ってもいい刑務所って?
そんな文化(?)がないからかもしれなませんけれど、その制度をまず改めてみては?

ラクダ もう一丁!!

アイルランド中部マリンガーで、乗馬学校のスタッフたちがクリスマスパーティーを延期せざるを得なくなった。ラクダの「ガス」がパーティーのために準備していたミートパイ200個とギネスビールを飲んでしまったからだ。(後略)


仕事をうまくやりとげた勢いで生贄にしちゃったなんて話があれば、こちらはラクダにやられちゃった(^^)っていう話。

さすがに飼われているのが乗馬学校なだけに、


じゃあお前でパーティしよう!



なんてノリはなさそうですな。(^^)
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。