さすが”別荘”

 ブラジル北東部バイア州のレモス・ブリト刑務所で、強盗殺人の罪で懲役28年の刑に服している囚人が、広い監房を独占してプラズマTVセット、エクササイズ器具などを設置、38口径の拳銃2丁を所有し、日本円にして約1800万円相当の現金を持つ優雅な生活を送っていたことがわかった。

この囚人は、ジェニウソン・リンス・ダ・シルバ。

警察は2日、全国規模の麻薬取り締まりの一環として、シルバの監房を捜査しこれらの贅沢品などを押収。シルバは別の刑務所に移された。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081212723785.html

刑務所に優雅とか快適さを求めちゃいけないような気がするのですが、どうなんでしょう。ってか大幅に譲歩してプラズマテレビやエクササイズ器具まではよしとしても、拳銃ってなに?


シャバ以上に快適では、出てきたくなくなっちゃいますな。

300万人のゲィゲィゲゲゲのゲィ

 ブラジルの経済の中心地サンパウロで25日、同性愛者や性転換者への暴力や差別の廃絶を目指し、世界最大とも称されるパレードが行われた。

 年に1度行われるパレードは今回が12回目。目撃者によると少なくとも100万人がパレードに参加、警察当局は正式な観客数などを公表していないものの、現場にいた警察官は300万人以上に上るとの見方を示した。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081211857592.html

個人的にはこの手の話には閉鎖的。暴力や差別はしないけど、関わり合いたくないなと思う今日この頃だったりします。

しかしパレード参加者は300万人ですか。やっぱり死ぬ人が出ちゃったりするのでしょうか・・・って、それはリオのカーニバルだっちゅーの。
タグ:パレード

欠場の審判に出たのは何色のカード?

ブルガリア・サッカー協会(BFU)は、17日に行われたレフスキ・ソフィア─スラビア戦で、同試合の審判が不動産をめぐる争議で執行人により自宅に閉じ込められたことから、急きょ代理の審判を手配した。

 この審判はラジオ局の取材に対し、「試合に臨む用意はできている。しかし自分の部屋は4階にあり、出かけるためには非常用のはしごが必要だろう」と述べた


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081211111161.html

不動産をめぐる争議(笑)。具体的には何が起こったのでありましょう?
もちょっと詳しく知りたいですな。


サッカーってず〜っと走ってるからすごい疲れるスポーツだったりします。ちなみに主審とセンシン(線審かな?)も、ほぼ走り通し。あまり目立たない存在だったりしますが、良かったら目で追ってあげてくださいな。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。