カナダからの友人

カナダからの手紙ならぬ、カナダからの友人というお話。

気になったので「結婚式の招待状の送付時期」をGoogleで検索してみたところ、おおむね次のような検索結果が得られました。

招待状は披露宴の2ヶ月前には発送するようにしましょう。

どうやらこれは日本国内のしきたりのようであります。

 カナダのトロントで教師をやっているデイブ・バークレーさん(34)は英国ウェールズに住む友人が結婚するというので大西洋を越えて現地に飛んだが、なんと結婚式は来年であるとわかり、愕然とした。

バークレーさんは、今年初めにメールで結婚式の日取りを伝えられたので、当然2007年のことと思っていたのだ。

トロントからカーディフに飛び、式場について新郎のデイブ・ベストさんに電話をして、初めて結婚式が2008年に行われることを知ったという。

バークレーさんはBBCラジオ・ウェールズに「1年早く来ちゃったよ。仲間たちに大受けだろうな」と語った。

「7月6日っていうからさ、当然今年だと思ったんだ。ただ7月6日といわれたら、普通はそう思うだろ?」

今回のフライングにかかった出費は500ポンド(約12万4000円)。

「まあ、少なくとも来年のスピーチに使うネタだけはできたわけだ」


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081184221968.html

カナダから駆けつけたデイブ・バークレーさん、お疲れさまでした。しかし1年以上先の結婚式の予定を普通に教えちゃう方もどーかしてますな。

いずれにしても新郎の名前と共に結婚式の日取りがロイター経由で世界中に配信されたのですから、来年の式はきっと盛大なものとなるでしょう・・・無事破局を迎えなければのお話ではありますが。

エキサイトニュース、ウィンブルドンの勝敗に触れる

ウィンブルドンの方もそろそろ大詰めになってきたようであります。
しかもこのニュース、はじめて試合の勝敗に触れていたりしてちょっとびっくりしました。

でもアレだ、テニスの試合の中継なんかを途中から観たりすると、いまどっちが勝っているかはわかるけど、あとどの位で勝敗が決まるのかってわかりづらくないですか?

実際のところ、やってる選手も微妙にわかりづらかったりするんです。


 全英オープン・テニスで男子ダブルスのブラジルのマルセロ・メロ、アンドレ・サ組が、大会史上最長のファイナルセットを戦い、記録に残ることになった。

このブラジル人ペアは、第6シードのポール・ハンレー(オーストラリア)、ケビン・ウリエット(ジンバブエ)組を5-7、7-6、4-6、7-6、28-26で下した。試合はたびたび雨で中断、4日間にわたって行われた。

試合全体では62ゲームだったが、最終セットは54ゲームで史上最多だ。

1973年にタイブレークが導入されて、1試合の最高は102ゲーム。

試合は30日に始まった。試合時間は5時間58分で、1試合の最長記録に11分及ばなかった。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081183695397.html

途中で中断しながら4日間ですか。なんだか気が遠くなりそうな長さですな。よく「心が折れない方が勝つ」なんて言ったりしますが、ここまでくると、

「もうじゃんけんで決めない?」


なんて提案のひとつもしてみたくなったりして・・・。
そんなあたくしはやっぱりテニス強くありませんでした。心折れやすいですから。

ウィンブルドンから時事通信

シャラポワ、杉山には勝ったけど負けちゃったのネ。
ワールドニュースサーチライトのネタ元としている世界びっくりニュース、ウィンブルドンのおもしろニュースは伝わってきますけれど、肝心の勝敗はまったく報道しないんですな。

おかげでシャラポワのテニスウェアとか毒を吐きまくっているサフィンやウィンブルドンの料理はまずいらしいなどなど脇の知識ばかりがついてしまう有様です。


 雨に見舞われたウィンブルドンの月曜日、幸せそうな家族が少なくともひとつだけあった。母ガモと4羽の子ガモが劇的なトーナメントの合間に再会したのだ。

家族がはじめて注目を集めたのは、先週、例によって試合が雨で中断されたときだった。

カモたちをコートから追い払おうと職員たちが接近すると、母ガモは危険を察知して飛び立ってしまった。
動物保護係は子ガモを保護地域に連れて行った。

その後、子ガモはウィンブルドンに連れ帰られ、全英クラブの反対側のゴルフコースに放された。

「母ガモが帰ってきて、家族はいまゴルフコースに住み着いています。心温まる再会でした」と、ウィンブルドンの広報担当者は述べた。

彼は、大会レストランのひとつのメニューに鴨があったのは、「完全に偶然です」とすかさず主張した。

新聞各紙はこぞってカモ家族の話題を取り上げた。

『ザ・サン』紙は、カモたちにテニス選手の名前をもじった名前を与えた。ボリス・ビーカー(beak=くちばし)、ロジャー・フェザラー(feather=羽)、ジョン・クワッケンロー(quack=ガーガー鳴き声)、アンディ・ロダック(duck=カモ、あひる)、そして母ガモはヴァージナ・ウェイドだそうだ。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081183515431.html

ってなわけで、今回のメインディッシュはカモ料理のお話。

これで今年のウィンブルドンはばっちりですな!


ちなみに調査してみると、テニスの試合結果を速報でとるなら時事通信あたりがいいようですよなんて情報をちりばめつつ、あたくしとしては、ジョン・クワッケンローに一票あげまひょ。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。