オイルマネーに乾杯

仮に100分の1の26万でも一晩で使うんだったら豪遊だよなと考えてしまうあたくし、やっぱりしがない小市民であります。


 中東のビジネスマンが先週末、ロンドンのナイトクラブ『クリスタル』で10万5000ポンド(約2600万円)も支払う大豪遊をしたそうだ。

『クリスタル』はヘンリー王子がお気に入りのクラブ。この業界で20年働いている同店のドナルドソン支配人は、ここまで高額の勘定書は見たことがないという。

このビジネスマンは土曜の夜に女性9人、男性8人の友人たちを引き連れて店にやってきた。そして手始めに1本24ポンド(約6000円)の白ワインを注文。

そしてすぐに一本約17万円のマグナムサイズ(1500ml)のドンペリを数本と約720万円のメトセラサイズ(8本分が入る大瓶)のクリスタルシャンパンを注文して豪遊が始まった。

饗宴は一本、約34万円のベルベデーアのウォッカを“寝酒”として終わった。店の広報担当者は「彼は『とにかく酒を切らさないでくれ』といいました」と語った。

店を出るときの勘定は税金とサービス料を含めて10万5805ポンド28ペンスになっていたという。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081185432390.html

ドンペリマグナムサイズいっちょぉ!


なんて景気良くオーダーしてみたいものですな。

これも依存症のひとつ?

よくパソコンを使うようになると文字を忘れるなんていいますが・・・。


 携帯電話を活用している皆さん、自宅の電話番号や家族の誕生日を覚えていますか?

金曜日に発表された統計結果によると、携帯機器の普及により、個人的な情報など単純な事柄を覚えられない人が増加傾向にあることが分かったという。

調査対象となった人の4分の1が自宅固定電話の番号を覚えていないと回答、また3分の2が友人3名以上、もしくは家族の誕生日を答えられなかった。

この傾向はハイテク技術に精通した若年層に多くみられる。30歳以下と50歳以上の人を比較すると、30歳以下の方が覚えている誕生日や電話番号の数が少なかったという。

全体の3分の2が記念日などを電子端末に登録していると回答した。

ダブリンにあるトリニティーカレッジ心理学部、イアン・ロバートソン教授は「近年、我々は覚えておかなければならないことが増えており、その記憶のためにさらに技術を頼るようになっている」とコメントしている。

『Puzzler Brain Trainer』誌の要請により同教授らが2週間に渡って行った調査で、3000人が回答した。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081184637073.html

確かに漢字忘れてますな。ってゆーかよく考えると、元々そんなにたくさんの漢字書けたっけ?なんて依存症だか健忘症なんだかわけわからなくなりつつあるあたくし。

その上、携帯電話がもとで電話番号を忘れていくなんて・・・。
まるでだんだんおばかちゃんになっていくよう。

せめて家族の誕生日くらいしっかり再確認しときましょうね。

続けるべきかやめるべきか・・・法廷ヅラ論争

裁判でかぶるヅラ、けっこう蒸れちゃうらしいんです。
だから普段からヅラをかぶっている人にとってはヅラ オン ヅラになるわけで「ヅラ反対!」って叫びたくなる心境もわからなくはありませんな。



 英国の弁護士と裁判官は裁判の際、白いカツラを着用するのが決まりになっている。この数世紀にわたって続いた伝統がついに廃止されることになった。司法局の代表が12日に発表した。

法曹人には17世紀以来カツラの着用が義務づけられていたが、服装規則の改訂に伴い、民事・家庭裁判ではカツラがいらなくなるだろうと、首席裁判官のフィリップス卿は述べた。

カツラに加え、ウィングカラー(正装用シャツの立ち襟)と帯も省略することができるようになる。将来的には、現行の色とりどりの服飾品の数々に代わって、着用が義務づけられるのは上着一枚だけになるそうだ。

しかし、刑事裁判ではカツラは引き続き着用される。

フィリップス卿は声明文で以下のように述べている。
「現在のところ高等裁判所の裁判官は、裁判の種類や季節に合わせて少なくとも5組以上の仕事服を所有しています。広範囲にわたる議論の結果、これを簡略化することが決定されました」

2003年の調べで、回答者の2/3以上が民事事件でのカツラ着用の廃止を希望していることがわかった。しかし、刑事裁判に関しては、ほとんどの人が裁判官はカツラを着用するべきだと考えているようだ。

カツラ反対派は、カツラは付け心地が悪く高価で、時代錯誤だと語っている。

肩までの長さの儀礼用カツラの値段は1500ポンド(約37万円)以上。弁護士が着用するもっと短いカツラは400ポンド(約9万9000円)程度だ。

しかしながら、一部の弁護士はカツラ撤廃に反発の声をあげている。撤廃反対派は、カツラは威厳だけでなく匿名性を与える効果があると考えている。

「礼服に関する意見が満場一致することは決してないでしょうが、この変化の妥当性は広く認められています」と、フィリップス卿は述べた。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081184405932.html

ちなみにいろいろ調べてみると、あのヅラ、英国の弁護士と裁判官限定という訳ではなくて誰でも購入できるのだそーですよ。

じゃ、早速明日からって・・・それはよしたほうがいいです。
いままで隠してたのに、あんなものかぶったらすぐさまヅラだってばれちゃいますから。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。