サッカー観るときゃ心臓もんどけ!

 サッカーの大試合を観戦するだけで、ファンの心臓を文字通り痛められる可能性があるという研究結果が明らかになった。

 ドイツのミュンヘンにあるルードヴィヒ・マクシミリアン大の研究チームが30日、医学誌ニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メディスンで発表した。

 同チームは、ドイツで2006年に開催されたサッカーのワールドカップ(W杯)期間中に、試合が国民に与えた影響を調査。

 その結果、ドイツ代表の試合が行われた日に心臓まひなどの重い心疾患の発症リスクは、ドイツ人男性では通常の3倍を超えたという。一方、女性のリスクは通常より82%高かった。

 研究チームは「ストレスの多いサッカーの試合を見ることで、急性の心臓血管疾患のリスクは倍以上になる」としている。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081201752733.html

なんにしても度を超すってのは悪いようで、便秘にいいと聞いて杜仲茶を毎日1.5リットルずつ飲んだなんて人がいたようです。図書館で便秘に関する本を開いてみたら、チェックリストにチェックがしてあったのでまちがいないでしょう。その人は、きっといろんな意味でおなかぱんぱんなんでしょうな。


さて、サッカーであります。
落ち着いて考えてみましょう。観戦している人のストレスよりも前半後半のほぼ全てフィールドを走り回っている選手の方がぜったい辛いはず。あたくしに言わせりゃ「見てるだけでなんで?」とツッコミたくなるところであります。


ってかみんなよ。

アクティブシンキング!

 英国で重い心臓病を患っている男性が1900万ポンド(約40億円)の宝くじに当選したが、最愛の妻と少しでも長く過ごせるなら全額を放棄しても構わないと語った。

 当選者のスティーブ・スミスさん(58)は妻のアイダさんとシャンパンで当選を喜びながら、「私が生存できる確率は10分の1。時限爆弾のようなものだ」と語った。

 大動脈瘤のあるスミスさんは当選金の小切手を受け取った際、記者団に対し「残していくアイダのことが心配」とコメント。「彼女とこれからも一緒に居ることができるなら、(当選金の)すべてを放棄するだろう。墓に入ってしまえば買い物もできないし」などと語った。

 スミスさん夫妻は、家族を訪問した帰りに何枚かの宝くじを購入、そのうちの1枚で高額当選金を引き当てた。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081201756354.html

ホーキとか言ってないで、その当選金をぜひ治療に役立てることを考えてほしいものですな。


生存確率10分の1なんて言ってますけど、宝くじに高額当選しただけでイっちゃうヒトだっているんです。そのショックに耐えられたあなたの心臓はきっと手術にも耐えられますよ!

大は小を兼ねる 〜おおきなおっぱい、ちいさなおっぱい

 英大手スーパーのアスダが、サイズの違いによるブラジャーの価格差を廃止し、値段を均一にするとの方針を発表した。

 米ウォルマート・ストアーズ傘下のアスダは、独自ファッションブランド「ジョージ」のブラジャーで、これまで採用してきた大きいサイズの割高価格を廃止するとしている。

 同社のブランドマネジャーは「大きな胸の女性への偏見に終止符を打つ」とコメント。今後は同ブランドのAカップからFカップまで、すべてのサイズで均一価格にする方針だとしている。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081201585669.html

コストを考えるとおおきなおっぱい用のブラの方がかかるわけで。
大きいから割高という価格は”悪”じゃないように思うのですがいかがでしょうか。


こんな均一価格を導入しちゃったりすると、今度は不公平だと「貧乳組」からクレームが出そうな気がいたしますな。


個人的な意見としては、目の保養になるのでなるべく布は少なめにしていただきたい!

スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。