春は恋の季節

 ドイツ西部ミュンスターの市立動物園で恋物語がまたまたひとつ、終わった。メスの黒鳥ペトラと新しい恋人の白鳥が早くも破局したのだ。

2006年、ペトラは白鳥型ボートに一目惚れ、片時も側を離れなくなり、ちょっとしたニュースになった。ミュンスター市は、ペトラとボートを引き離さずに、市立動物園で飼うことにした。

ペトラは先週、生きているオスの白鳥とつがいとなって巣を作り、不要になったボートは湖に戻された。しかしこのロマンスは短命だった。22日、白鳥は巣から飛び出し、別の黒鳥の群れに近づき、求愛しているという。

動物園関係者によると、ペトラは「明らかに寂しがって」おり、いらいらした様子で泳ぎ回っている。

どう解決するか?

ペトラは28日、彼女を決して裏切らない白鳥型ボートが繋留されている近くの湖に連れて行かれることになった。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081206675308.html

「例の黒鳥、振られたらしいぜ」と白鳥達の噂になっているかどうかは知りませんが、またもや恋に破れ、ボートの元に戻って参りました。


ペトラにとって、これが幸せなのかどーなのか判りかねますが・・・春は恋の季節。相手は寡黙なボートではありますがとりあえず頑張って欲しいものであります。

おまえはドラえもんか?

 ドイツで23歳の男性が、自宅の居間でネズミを見つけ、半裸のまま雪で覆われた通りに飛び出すという出来事があった。当局が発表した。

 同国中部の町ゲッティンゲンの警察が発表した声明によると、男性は世界で1番怖いものがネズミだなどと語ったという。

 未明の通報を受けて警察官が現場に駆けつけたところ、下着にスリッパ姿のこの男性を家の外の公衆電話ボックスで発見。男性は、ネズミに驚いて逃げ出したと説明した。

 警察官が部屋を調べたところ、ネズミを見つけることはできなかった。警察はその後男性にもう帰宅して大丈夫と話したが、この男性は自宅ではなく親類の家に向かったという。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081206579296.html

勢い余ってタイトルつけたら既存のトラックバックとかなりかぶってしまいました。みなさんごめんちゃい。まぁ誰とは言いませんが、コメント内容までごっそりパクってるヤツもいたりして、かなり憤慨しとりますので、どーかひとつかんべんしてくださいな。(昨日あたりのニュースを詳しくみてさがしてくだされ。)


さてネズミざんす。あたくしも幼少の頃、足元を駆け抜けられた思い出が・・・。裸で外に飛び出る程ではありませんでしたが、かなり恐くてぴょんぴょんと飛び跳ねたのを覚えとります。


ひとりで留守番してたりするとねずみにひかれるなんていいますが、ひかれないように注意しましょう。

ある恋の唄

 ドイツ西部ミュンスターの市立動物園で恋物語がひとつ、終わった。メスの黒鳥ペトラと白鳥型ボートがついに破局したのだ。

2006年、ペトラは白鳥型ボートに一目惚れ、片時も側を離れなくなり、ちょっとしたニュースになった。

ミュンスター市は、ペトラとボートを引き離さずに、市の動物園で飼うことにした。

しかし動物園関係者によると、この冬、ペトラはこの冬、生きているオスの白鳥と出会い、つがいとなって巣を作っている。

恋人の役目を終えたボートは先日、地元の所有者に返還された。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081206017445.html

「こんなに想っているのに、ちっとも振り向いてくれないのね」と考えたかどーかはわかりませんが、相手はボードですからな。


代わりに選んだのが、黒鳥のオスではなくやっぱり白鳥だったところに、ペトラの強い意志を感じました。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。