動物園で爆弾発見!

 ドイツのハノーバー動物園で、ラクダの飼育スペースから第二次世界大戦時のものとみられる227kgの爆弾が発見され、約500人と2000頭以上の動物が園内から避難する騒ぎが金曜日にあった。(後略)


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081168133572.html

戦後60年などといいつつ、爆弾もいまだに見つかるもんなんですな。
記事文面を読んでみると短く淡々と伝えていることから、パニクって園内の人と動物を同時に非難させるようなことはなかったようです。

下手をすると目の前で


食物連鎖というか野性の王国


が繰り広げられちゃったりしますから……。

とどこおりなく非難できてなによりでした。

悪戯の代償は

 若者3名がダチョウのペニスにいたずらして性的不能にした上で、すぐそばで爆竹を鳴らして驚かせるという事件がドイツで発生。ダチョウを飼育していたドイツ人男性が、損害賠償を求めてこの若者3名を提訴した。(後略)


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081167968843.html

なんとなく被害妄想が入っているような気もしないではありません(-_-;)
どんなふうにいじったのか、っていうかその前におとなしくいじらせてくれるんでしょうか(^^;)

ダチョウは確か時速60キロで走るんですよネ?


いろいろ調べてみると雄は数等の雌との交尾をすることがわかりました。
ダチョウの持ち主が言うことを無条件で信じるとするなら、損害賠償の額はもっと高くてもいいのかもしれません。

クリスマスツリーの再利用

 売れ残ったクリスマスツリー(モミの木)の処分について、ドイツが斬新な方法を発表した。動物園で飼育されている動物たちの餌にしてしまうプランだ。(後略)


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081167968954.html

クリスマスケーキの売れ残りは翌日半値になってたりしますが、ツリーの残りについては気が回りませんでした。
へぇ〜、ゾウさんのエサにねぇ。

いろいろと調べてみると、モミはその成分がアロマに適しているとか。
なんでも、何もやる気がおきないとき精神にエネルギーを与えたり、気管支のトラブルを改善・血流と組織の代謝を高めるなどの効果があるようです。

さぞかし、動物達もやる気がでるでしょうな。

正月明け1発目なので、このあたりでご勘弁ください。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。