高い場所からまく気分は……

 ドイツでは金曜日、空からお金が降ってきたそうです……。

「10万ユーロあったら何をしますか?」コンテストで優勝したトラック・ドライバーが、7万5000ユーロ(約1177万円)を全て5ユーロ紙幣に両替、クレーンの上からばらまいた。(後略)


http://www.excite.co.jp/News/odd/?page=2

ドイツから豪勢なお話です(^^)
上の引用文だけ読むと、なんだか大々的にテレビ放映しそうな内容ですが、コンテストを企画したのは、地元のラジオ局。音声だけでも臨場感が出るのかなと思いきや……


RPR1ラジオの広報担当、トーマス・ライチェ氏は「殴り合いなどは発生しませんでした。皆さん寒さに震えていました。できれば集まった全員にお金をばらまきたかったのですが、警察が安全第一ということでこのような規制を行いました。ですが、皆さん楽しんでくれたのでよかったです」とコメントした。


このあたりもドイツ人らくして、ちょっと感心しました。

わたくしごとではありますが先日、2月3日に地元のお寺で行われた節分会に参加してきました。豆を拾う方ではなく、年男(としおとこ)だったため舞台上から撒く側。慣れない裃(かみしも)をつけて、少々緊張しながら豆まきをしてきたのですが、その気持ちいいこと……。

豆やおかしを撒いてあんなに気持ちよかったんだから、

現金をまくのもきっと気持ちいいんでしょうな!


なにより人の金だし(^^;)

もしも、あの日の調子が絶好調だったら……

アンゲラ・メルケル独首相率いるキリスト教民主同盟(CDU)の地方支部が、ポルノ映画に出演していた男性党員を除名した。

ベルリンのアレクサンダー・マースセン氏(52)は、地方支部長のカート・ワンスナー氏から離党を勧められた。マースセン氏は5年前に映画制作に参加し、あからさまに性的なシーンに出演して、一種のナレーター役を務めたとのことだ。(後略)



メルケル首相というと、ブッシュにやられちゃった人でしょ?(リンク先にYouTubeの動画があります ^^)
やっぱりセクハラとかポルノとかはご法度なんですね。まぁ、当然でしょうけれど。

「あの日は調子があまり良くなくて、実際に“それ”はしませんでした 」当事者であるレクサンダー・マースセン氏のコメントです。

だから、そーじゃなくて……問題にされたことが実際にやったとかやらないとかではないということに、まだ気がついてないようですな。(-_-;)
それにしても宗教組織なのに除名という制度があったことが、わたくしには新鮮でした。

ツレションで1億5千万の損害?

ドイツの宝石職人ハラルド・ハーディ・ヘルツマンさんは、ドライブ中ひと休みしている間に車のトランクから100万ユーロ(およそ1億5580万円)相当の宝石類を盗まれてしまった。(後略)

http://www.excite.co.jp/News/odd/00081168926057.html

ハイ!お次もドイツから。
なんでもトイレ休憩に出た隙に車上荒しにあったようなのですが、こんなこと言ってます。

「私たちは全員、用を足しに行かねばならなかったのです」


全員行ってもいいです。文句はありません。だけどせめて

時間をずらして別々に行こう


とは考えなかったんでしょうかねぇ?


ツレションが仇となったニュースでした(-_-;)
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。