出頭を拒否したらその次は……?

 ドイツ東部ゲーリッツに住む女子高校生(15)が授業をさぼりまくった結果、なんと懲役2週間の実刑判決を受けた。サクソニー州教育省が7日、明らかにした。

同省によると、少女の両親が罰金を支払わず、少女自身が地元のボランティア活動を拒否したことを受けて、地裁がこの判断を下したという。(後略)


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081170994122.html

授業をサボるといきなり懲役?


法律が違うとはいえ、いきなり実刑とはなんだかびっくりです(^^)
でもまぁこれで履歴書の賞罰(罰のほうだけど)欄に記入する項目ができたことだし、今後はがんばってほしいですな。

少女は2カ月以内に、2週間の刑期を務めるために刑務所に出頭しなければならないそうだ。

ボランティア活動も拒否したんですよね?
出頭拒否したらどうなるんでしょう(^^)

ねぇねぇ、もっかいフケてみ〜?

立ち小便の罰金……カキイレ時?

ドイツのカーニバルで有名な都市・ケルン市が、人口が普段の倍の200万人以上となる今年のカーニバルに向け、「公共の場所で小便をした人」に対する罰金額を著しく増加させた。

ケルン市のスポークスウーマンによると、昨年同様の行為で捕まったのは500人。約130万人が押し寄せる欧州最大のカーニバルを控え、今年、その罰金額はこれまでのおよそ3倍となる35ユーロ(約5500円)になるという。(後略)


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081170480763.html

ドイツといえばビール。というわけでビールだと飲んでるそばからトイレが近くなるわたくしとしては身につまる思いであります(-_-;)

しかし、一発(?)見つかると5,500円とは法外ですな。


罰金をたくさん徴収して、公衆トイレを増設してくれるってのなら話はわかりますが、税収が上がった分で「立ち小便取締り」の人員を増員したりして……。

カーニバルの時期に簡易トイレでも売ってみたら儲かりそうですね。

単位について掘り下げてみた

 サッカー・ワールドカップ大会のおかげで、2006年のドイツのビール消費は1.4%の成長を記録した。これは過去12年間で最高の数字だという。

連邦統計局が29日に発表したところによると、ワールドカップ大会にはドイツ人に加えて31カ国からサポーターたちが集まり、1億700万ヘクトリットルのビールが消費されたそうだ。これはだいたい5分間のシャワー1億4000万回に相当する量だ。(後略)


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081170104985.html

日本では東京ドーム○個分なんて比喩を用いたりしますな。例えば東京ドーム5個分の広さとか言われるとよくわからないけど広いんだろうと予想がつくわけです。さて、引用文に目を戻すと見慣れない言葉があります。

”ヘクトリットル”


毎度お世話になりっぱなしの感のあるウィキペディアを見てみると……デカリットルなんて文字も見えます。
イメージ的にデカリットルなんてきくと


すごいデカい(東京ドーム3倍分 注:当社比)


ものを想像しちゃったりするんですけど、ヘクトリットルの10分の1だったりでイマイチつかみきれない気がします(-_-;)
なんてことを考えていたら5分間のシャワー1億4000万回に相当する量ってのも妙に曖昧です。シャワーを止めて身体を洗ったりもしますもんね?

個人的にはビール党ではなくウィスキー党なんで適当にお茶を濁してみましたがなにか?

【関連ページ】

ヘクトリットルとは
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。