ウ●チする場所を決めていた青年

ドイツ南部エッグミュールで、銀行の前庭に設置していたATMの前で繰り返し排便行為を行った男(18)が逮捕された。地元警察が8日、明らかにした。

銀行の広報によると、あまりのことに監視カメラを設置。男は逮捕される前に8回、排便していた。監視スタッフが男に気がつき、地元のバスに乗るのを確認した。

そしてすぐさま警察に通報。警察はバスから降りようとしたところを拘束したそうだ。男は起訴される見込みだ。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081173346864.html

なんだかドイツ発のニュースを取り上げる機会が今日はとっても多いです。家を半分に切って持ち去ったり、子供のサッカーの試合に乱入したり……けっこう暇なんですな。

さてドイツ初のおもしろニュース3発目はATM前で脱糞を繰り返した18歳のニュース。とっても規則ただしい生活で、いつもATM前でもよおしてしまうのか、それとも新しい預金の引出し方を編みだそうとしているのか(^^)はわかりませんが、銀行側にしてみれば迷惑な話ですな。

不幸中の幸いだったのは

ATMの中でやられなかったこと


だと思います。掃除してもにおいが・・・食事中の方、申し訳ございませんでした。

サッカーの試合にへなちょこな大人が参戦。

子供のサッカー試合を観戦していたドイツ人男性(42)が、試合中のファウルに激怒してピッチ上に乱入、8歳の男児に空手キックをお見舞い、その後男児の上に馬乗りになるという乱闘騒ぎがあった。

ドイツ南西部・ハースロホ警察の広報担当者は、「この男性はおそらくファウルされた少年の関係者だと思いますが、現在詳しいことは分かっていません」と話している。(後略)


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081173575287.html

観戦していた試合に乱入し、飛び蹴り。”試合”がプロレスとか格闘技ならある意味すごい人物として注目されるかもしれませんが、小学生のサッカーの試合に乱入ですか・・・なんて大人げない(-_-;)

しかしケリを入れて馬乗りになったというのに、被害者の男の子はあざやかすり傷を負っただけ。乱入して見せたこの男、よっぽどへなちょこだったんですな。

きっちり計ってはんぶんこ(^^)

 妻との離婚問題に悩んでいた43歳のドイツ人男性が、問題解決のためにチェーンソーで自宅を半分に切断、フォークリフトを使って“自分の取り分である半分”を持ち上げて移動、妻の元を去った。

ゾンネベルグ警察によると、男性はベテランの石工。長さ8メートル、幅6メートルの木造住宅をきちんと測った後、チェーンソーで半分に切断したという。

「自分の取り分をもらっただけだ」と男性は話しているが、警察の広報担当者は「妻の方はあまり喜んでいないと思います」とコメント。(後略)


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081173575090.html

きっちり計ってはんぶんこにしたあたり、さすがはドイツ人です。
それにしても家切って持ってっちゃうなんてすごすぎますな。

家を切断後、男性は半分をフォークリフトで持ち上げて兄弟が住む家の近くまで運んだ。現在は兄弟宅で暮らしているという

なんだ、持っていった家には住んでないんですね。どうせならそこまで徹底してほしかったです。

でも・・・

ヤドカリじゃないんだから(^^)
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。