おっちょこちょいな孫とおちゃめなばあちゃんの話

 ドイツで、19歳の学生が祖母から贈られた100ユーロ (およそ1万6000円) を使おうとしたところ、それが偽造紙幣であることが判明し、警察沙汰になった。

ドイツ北西部の街オーベルハウゼンの店で店員が偽札に気がつき、警察が現場にかけつけた。学生は、この紙幣が学校の試験に合格したことを祝って祖母から贈られたものだと語った。

「青年は驚いて、紙幣が祖母から郵送されたものだと言いました。彼は、自分の祖母が偽札造りにかかわっていたとは信じられませんでした」と、警察は述べている。

謎は電話によって解けた。この学生は封筒に同封されたメモを見過ごしていたのだ。
偽札には、「私はあなたの口座に本物の100ユーロを振り込むつもりです。これはコピーです」という注意書きが添えてあった。



http://www.excite.co.jp/News/odd/00081181628510.html

自分にもおちゃめなおばちゃんがいて、「いまから”送金”するからFAX番号教えて」と言われて番号をおしえたことがあります。数分後FAX(しかも感熱紙)から出てきたのはきれいに並んだ一万円札でした・・・。当然使ったりはしませんでしたが。

この学生、警察沙汰になったら速攻でじぶんのばあちゃんを売ってます。(笑)

きっとおばあちゃんは、洒落の通じない孫に嘆いているでしょうな。

負けず嫌いな父親の話

 12歳の息子と一緒に「つば吐きコンテスト」に参加していた男性(43)が競技中に2階のバルコニーから転落、病院に運ばれたが危篤状態だという。

ドイツ東部コトブスの地元警察の広報は、「息子よりも遠くにつばを飛ばそうとしたところ、バランスを崩して転落したようです」とコメント。

バルコニーから転落した男性は、ヘリコプターで病院へ搬送された。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081180750970.html

「まだ息子なんぞには負けないぞ」と頑張ったのが原因でしょうか?負けず嫌いもほどほどにしとかないと・・・危険ですな。

つば吐きコンテストというのも、なんとなくどう扱っていいのか微妙な位置にいますが、吐いた唾の軌道だけではなく落ちていく父親を見てしまった子供がかわいそうです。

裸で歩き回るなら、家の中かビーチでどーぞ

 ドイツを観光で訪れていた米国人男性(41)がヌードで市内を歩き回っていたため警察が駆けつけたところ、この男性、「ドイツでは許される行為だと思っていた」と答えたという。

「確かにここ数日は異常な暑さです。それでもやはり、彼の行為は許されることではない。また、ドイツではヌードで出歩いても許されると思っていたと答えたのです」とニュルンベルク警察の広報担当はコメント。

男性は鞄の中に衣服を持っていたが、市民から苦情が寄せられて警察が駆けつけることになった。

麻薬の影響による行為でないことが確認されている。警察は彼に服を着るよう命じ、200ユーロ(およそ3万3000円)の罰金を科した。今後、不謹慎な行動をした罪にあたるか捜査が行われる。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081180227398.html

いくら暑くてもあたりを見回してみて、裸でいるのは自分だけだと気づかなかったんですかねぇ。これがビーチならともかく市内ではちょっと目立ちすぎますな。

どのくらいのヌードっぷり(?)だったのかが書かれていないことが残念です。

先日行ったコイン洗車場で上半身裸で車を洗っていた青年がいました。後から若い女性の運転する車が洗車場に入ってきたら、おもむろにTシャツを着てしまったことが印象的でした。とっちらかってきましたが、もう40歳こえたんなら、このくらいの恥じらいはもって欲しいものです。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。