ギネスブック書き換えか? 最も傾斜した塔

 ギネスブックは、世界で最も傾斜した塔が、有名なピサの斜塔ではなく、ドイツ北西部エムデンに程近い小さな村Suurhusenにある15世紀に建造された教会の尖塔(せんとう)と判定した。

 ギネスブックのドイツ語版の責任者であるオラフ・クーヘンベッカー氏によると、尖塔は高さ25.7メートルで、傾度は5.07度。これに対し、ピサの斜塔の傾度は3.97度。ただ、傾度はピサの斜塔よりも大きいものの、高さは半分以下で、華美な装飾も施されていない。

 2009年版のギネスブックから、ピサの斜塔の代わりに世界で最も傾斜した塔として登録される予定。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081194485986.html

新しい商売のにおいを感じた人はすでに”尖塔まんじゅう”の準備にとりかかっていることと思われます。


しかし元記事にもあるように華がない様子。


ってなわけで、ここでひとつ助言しときまひょ。

まんじゅうの数は減らしとけょぉ!

木が邪魔だったんだね

 ドイツのハンブルクに住む年金生活者の男(70)が、休暇用コテージから見えるバルト海の眺めを良くするため、公有林の木122本をひそかに切っていたことが分かった。警察が1日に明らかにした。

 この男は警察に対し、56本の木をチェーンソーで切り倒し、残り66本については根元から4メートルを残して伐採したと述べた。

 現地警察のスポークスマンは、男がコテージから約50メートルの場所にあるバルト海について、遮るもののない景色を楽しみたかったと述べたことを明かした。

 男の行為による損害額は推定1万5000─2万2000ユーロ(約250万─360万円)。今後は器物損壊や保護法違反の罪に問われる見通し。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081193965524.html

なんとなく気持ちもわからないではありませんな。
そっか、バルト海が見たかったか。

いっそのこと伐採した木でコテージなんか作っちゃってたりすると、ポイントが高かったんですけどね・・・残念、もうちょっとがんばりましょう!

バチあたりな職業

 ドイツの57歳の女が、過去9年間に教会のさい銭箱から25万ユーロ(約4100万円)を盗んでいたことを白状した。警察が18日明らかにした。

 警察のスポークスマンによると、この女が連れの男とさい銭箱をあさっているのを見つけた牧師が通報した。

 女はその後、過去9年にわたり毎週2―3回さい銭箱をあさり、その都度150―250ユーロを盗んでいたことを認めた。被害に遭ったさい銭箱は計約1万2000個。時には鍵を壊さずに金を盗めるよう特殊な道具を使っていたという。女は、十字架や絵画を盗んだことも自白している。


記事を読んで、「おっ!なかなかいい稼ぎ」と感じてしまったあたくしもきっと同罪。悔い改めます。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。