建物へ向けて走行暖機運転?

 こんなモーニングコールはイヤだ……。ブレイク・アイゼンハワー氏(19)がモーテルで寝ていたところ、1トンの小型トラックが突っ込んできたという。

モーテルにはアイゼンハワー氏の同僚であるボビー・アームストロング氏も宿泊していた。金曜日の朝、アームストロング氏は部屋の外へ出ると、駐車してあった小型トラックのエンジンを掛け、車から降りたという。

ところがその後トラックが勝手に動き始め、モーテルの壁を破って部屋内へと突き進み、ベッドを押しのけてアイゼンハワー氏に向かって行ってしまった。これに驚いたアームストロング氏は、運転席に飛び乗って急ブレーキ。アイゼンハワー氏にぶつかる約30センチ手前でトラックは停車した。

モーテルのオーナーは、「1.5メートルも離れていない場所に上階を支える梁がありました。もしこの部分に衝突していれば最上階から崩れ落ちていたかもしれません」とコメントしている。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081206835285.html

最近の車はキャブレターじゃないからアイドリングは必要ないなんて言いますな。どちらかというと必要なのは止めたままアイドリングすることではなくて、走行による暖機運転なんだそーです。


タイヤを暖めたり、潤滑油がエンジン内に行き渡るまであまり負荷をかけないよう走れよということですな。これは地球温暖化軽減にも効果があるとか。


それでも建物へ向けて突き進んではいけません。
環境破壊どころか明らかに器物損壊ですからな。

もう一丁、穴の話

 ニューヨーク在住の大学生が、科学の実験で使用する装置をバックパックに入れて地下鉄に乗り込んだところ、この実験装置がショートして煙が噴出、列車内が一時パニックに陥る騒動があった。

騒動を起こしてしまったことに謝罪を行ったのは、ニューヨーク市立大学工科カレッジに通う大学生、グレゴリー・カッツ氏(29)。所持していたのはエレベーター内部に使用する装置だったという。

パニックにより地下鉄は一時停車するまで至った。カッツ氏は他の乗客に「学校で使う実験装置です。決して爆弾ではありません」と何度も叫んだが、乗客らは車外へ逃げようと必死で、最初は全く聞いてくれなかった。

「みんながパニック状態でした。とても恐ろしかったと思います」と、申し訳なさそうにカッツ氏は語る。

カッツ氏は駅構内に脱出した後も実験用の装置であることを主張し、なんとか装置を分解しようと試みたという。

警察に事情聴取された後に釈放されたカッツ氏だが、「本当に申し訳ないことをしました。僕は人を怖がらせることが大嫌いなんです。これからは自宅で装置を管理し、もっと細心の注意を払うようにします」と迷惑を掛けた乗客や関係者らに謝罪した。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081206835384.html

穴といっても地下鉄の話ですが。
学生時代を都内で過ごしたあたくし、もっぱら移動手段は地下鉄でありました。最寄駅が借りていた部屋から近いってこともあり、都内在住の親類からはJRの駅を網羅するよりも地下鉄を使いこなせた方がカッコいいと言われ本気になったのですが、階段を上がると違う駅名になったりして苦戦したのを覚えております。ちなみに都営新宿線沿線でした。今は東京メトロなんて呼ぶんですな、時代は変わりましたねぇ。


そんなわけで地下を走る分、妙に煙に過敏になる気持ちもわからなくはありませんが、ちと騒ぎすぎ。パニックになる方がよっぽど危険なのに、一度連鎖が始まると止まらないんですなきっと。

これを最後に足を洗いたかったのかも

 クリアフィールドの民家に泥棒が侵入する事件があったが、盗まれた物の中になぜか使用済みの石けんが含まれており、一体なぜこんなものを?と警察が頭を悩ませている。

事件があったのは、イースター休暇で旅行に出かけていたラモスさん夫婦宅。月曜日の夜、4人の子供と一緒に自宅に帰ってきたところ、テレビやノートパソコン、電化製品などが盗まれているのを発見した。

しかし不思議なのは、使用済み石けんの他にも洗濯用品やオモチャ、下着、冷蔵庫に入っていた食品まで泥棒が持ち去っていたこと。

地元警察のカイル・ジェフリーズ氏は、「ラモスさん一家が旅行に出かけているのを、おそらく泥棒は知っていたのでは。なぜなら犯人は相当な時間、屋内を物色していた形跡があります」とコメントしている。

現在のところ、容疑者は見つかっていない。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081206756437.html

留守の間に持って出たのではなくて、冷蔵庫の中身は食べきって石鹸は使いきったのかもしれませんな。


さらに下着フェチでオモチャ蒐集家・・・ってことで泥棒の容疑者絞りこめませんかね?
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。