洗車したのに”愛車”じゃなかったのね

 ナッソー郡警察は、車で洗車機を破壊した疑いでクイーンズの男性を逮捕した。 この男性は日曜の午後、ロングアイランドの「エルモント・カーウォッシュ」で受けたサービスが気に入らなかったと述べている。

彼は洗い直しを要求したが、待たねばならなかったのに腹を立て、この施設を統括しているコンピューター制御装置に車を激突させた。

コンピューターは破壊され、男性は器物損壊罪および人命危機を伴う無謀行為罪で逮捕された。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081207099092.html

アメ車は丈夫ですから、なんでもアリなんでしょうか?
ってか、洗車の具合が気になるほど車を気にしているのに、なんでその車と洗車機を勝負させるかなぁ。


きっと思考回路がかなりシンプルなんでしょうな。

性別とか関係なくね?

 性転換手術で「男性」になった米オレゴン州のトーマス・ビーティーさん(34)が、現在妊娠5カ月であることをテレビの人気トーク番組「オプラ・ウィンフリー・ショー」で語ることになった。同番組の関係者が1日に明らかにした。

 ビーティーさんは、男性になるための性転換手術を受けたが、女性器は残したままだったという。3日に放映予定の番組でビーティーさんは「私は1人の人間で、実の子を持つ権利がある」と語っている。

 この話をエイプリルフールの「いたずら」と疑う向きもあるが、番組関係者は、司会者オプラ・ウィンフリーがビーティーさんをはじめ、妻のナンシーさんや担当産科医にも実際にインタビューを行ったとしている。

 ピープル誌の取材にも応じたというビーティーさんは「もしナンシー(妻)が妊娠できたのなら、こんなことはしなかっただろう」と話す。ナンシーさんは以前に子宮を摘出しているという。

 ハワイ生まれのビーティーさんは、以前はトレーシー・ラゴンディノという名前の女性だったが、胸部の手術を受け、男性ホルモンの投与によって「男性」となっていた。

 ただ、ナンシーさんとの間で子作りを決意してからは隔月での男性ホルモン注射を中止し、精子バンクから提供された精子で人工授精を試みていたという。

 ビーティーさんは「実の子を持とうとするのは、男性や女性としての望みではなく、人としての望みだ」としている。出産予定日は7月3日ごろだという。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081207111482.html

わたくしごとで恐縮ですが、「両性具有」のことをず〜っと”りょうせいふぐ”と読んでました。アンディ・フグにあやまっときます。


さて元記事、なんとなく性別とかすでに通り越した境地に至ってますな。ってか、他のニュース記事より微妙に長いし、興味ね〜し。


ってなわけで次イキましょ!

文鎮だって立派な武器です!

 米ジョージア州ウェイクロスで9歳の児童らが、担当教師の襲撃を計画し、ステーキ用ナイフや手錠、テープなどを学校に持ち込んでいたことが分かった。当局が1日発表した。

 小学校の教師らが3月28日、3学年のある児童が武器を校内に持ち込んでいるとほかの児童から知らされ、計画が発覚した。

 現地警察当局によると、児童らは1週間かけて襲撃計画を作成。「計画は教師に手錠をかけ、口をテープでふさぎ、文鎮で頭を殴るというもの。さらに教師を切りつける可能性もあった」という。ただ、一部児童はナイフについて、テープを切るためだけに持ち込んだと話している。

 この小学校がある教区の広報担当者は、3学年の児童9人が厳しく注意を受け、うち数人は長期間の停学処分となったと明かした。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081207113375.html

9歳の子が9人で考えた物騒なお話。
記事では「教師に手錠をかけ、口をテープでふさぎ、文鎮で頭を殴る」という段取りになってますが、実際には一番最初に文鎮使っちゃうだろうなと想像がつきます。


日本の書道用の文鎮を念頭においてコメント書いちゃいましたが、アメリカってどんな文鎮使ってるんでしょうな?
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。