奥地はお宝だらけ?

 ボルネオ島(インドネシア名カリマンタン島)奥地の川辺で、肺を持たない珍しい原始的なカエルが見つかった。皮膚から酸素を吸収しているとみられる。研究者が9日に発表した。

 シンガポール国立大のデビッド・ビックフォード氏の研究チームは、専門誌「カレント・バイオロジー」の中で、逆方向に進化して原始の特徴を取り戻したこのカエルを研究すれば、そもそも肺がどのように進化したかを解明するのに役立つ可能性があると指摘した。

 その上で、同地域での違法な金採掘が、この希少な種の生態を脅かす恐れもあると警告した。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081207794647.html

いわゆる奥地には、いろんなモノがおりますな。
「逆方向に進化」これも初めて聞いた言葉であります。”退化”とは言わないんですね。


しかし、金があったり珍しい生き物がいたり、まるで宝庫ですな。

え〜っとキャッシュで!

 米ウエストヴァージニア州の複合カジノ施設が、石油タンカーが当たる懸賞を行っている。「ウィーリングアイランド・ホテル・カジノ・レーストラック」の広報担当者キム・フローレンスは、4月18日、幸運な1名におよそ9000ガロン(約34000リットル)のガソリンか1万5000ドル(約153万円) の現金が贈られると述べた。

モンタナ州ではガソリン価格が1ガロンあたり過去最高の3.41ドルを記録する現在、この量のガソリンならば3万1000ドル(約317万円)近い価値になる。1ガロンあたり22マイルを走る車ならば、世界を8周近くできる量だ。

希望者は今週金曜か来週金曜、同カジノ施設で懸賞への参加申し込みを行うことができる。

タンカーを停めておく場所を心配する必要もない。フローレンス曰く、当選者はタンカーを家に持ち帰る必要はなく、ギフト券を受け取ることになるそうだ。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081207725674.html

プレセント?懸賞?それともドッキリ・・・。
1ガロンは3.785リットルなのだそーであります。さぁ、近所のスタンドの看板と電卓で、いったいいくらくらいになるのか計算してみてくだされ。


そーそー、面倒なことを避けているとだんだん脳が働かなくなりますぞ。

ダニエルんちは熊だらけ?

 熊用スプレーでバーの客を2度にわたって攻撃したアラスカの男性に、5ヶ月の実刑判決が下された。

ダニエル・ペメントは被害者に対して謝罪を行っている。それによれば、2月9日および10日にB&Bバーで発生した事件は、酒によって煽られたものだったそうだ。

2月9日、ペメントはバーテンダーが彼から5ドル取ったことに腹をたて、バーから出るよう促された。彼は15分後にバーに戻り、熊用スプレーを客に吹きかけた。

警察はその夜に彼から熊用スプレーを押収したが、別に緊急の事件が発生し、その場を離れた。

翌日、警察はふたたびバーから通報を受け、彼を逮捕することになった。ペメントは再びバーに現れ、押収されたものとは別の熊用スプレーを用いて顧客を攻撃したのだ。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081207729060.html

ひとつ前にお伝えしたニュースの唐辛子スプレーは効果がみられませんでしたが、こちらのクマ用スプレーはテキメンだったようです。


ってか、そんなに熊用スプレー持ってるなんて、きっとダニエルの家の周りは熊だらけなんですな・・・引っ越したほうがいいと思いますが。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。