個人の尊厳

 マンハッタン刑事裁判所の判事は22日、知人男性(66)の遺体をあたかも生きているかのようにオフィス用の椅子に座らせて移動させ、男性の社会保障給付金を不正に受け取ろうとしたとして偽造罪などに問われていた男2人に対し、男性の死亡時刻が特定できないことなどを理由に無罪の判決を下した。

 男2人は1月9日、給付金を受け取るため小切手を現金化する店に向かう際、男性が生きていたと主張。しかし男性は家を出る時にはすでにパーキンソン病の合併症で死亡していたとみられていた。

 2人は小切手を現金化するため、男性の遺体をいったん歩道に放置。店員が本人確認を求めたため男性を店内に連れて入ろうとしたものの、すでに遺体の周りには人だかりができていた。

 当時近くで昼食を取っていた勤務中の刑事が、男性が死亡していることに気付いたという。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081208923175.html

ってか、せめて車イス使えよ

宅配はできません(-_-; )

 ピザ店のドライブスルーの窓からマリファナを販売していた容疑で、店のマネージャーが逮捕された。

当局は寄せられた情報にもとづいて「ピザ・ハット」支店の捜査を行い、マネージャー室で6オンスのマリファナとデジタルスケールを発見した。

警察は金曜日、販売の意志を伴うマリファナの所持の容疑で、アーロン・マッシー容疑者 (28) を逮捕したと発表している。

容疑者は3500ドル (およそ36万円) の保釈金を支払い、すでに釈放されている。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081208920009.html

ドライブスルーで購入できるモノが増えたようであります。
いっしょにデジタルスケールも見つかったらしいですから、律義に「ハカリウリ」してたってことですな。


やっぱりピザ同様MサイズとかLサイズとかあったんでしょうかね。
タグ:ピザハット

家族総出で世界記録

13歳の少年が、鼻だけを使って風船をふくらませた数の世界記録認定を待っている。

アンドリュー・ダールさんは金曜日、派遣されたギネス世界記録の調査員が見守るなか、1時間で213個の風船をふくらませた。一度に使う鼻の穴は片方だけだ。

彼の父親ダグ・ダールさんは、それぞれの風船が最低直径20センチメートルに達しているのを確認するため、風船を測定し、彼の母親ウェンディさんが記録係を担当した。

彼は途中で、「これは僕のトランペット練習にはいる?」と尋ねた。母親は 「鼻で吹くことができればね」と答えた。

アンドリューは2月に184個の風船を膨らませたが、父親が風船の口を結んだので世界記録とは認められなかった。今回は自分自身で結んだ。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081208326893.html

軽々達成できたと感じているのはあたくしだけでしょうか?
鼻息でふうせん膨らませるって大変だと思うんですけど・・・。


風船ダイエットなるものがあって、なにやら風船を膨らませてるだけで痩せられるんですと。ほっぺなら引き締まるけど鼻の穴が広がっちゃったりしないんでしょうか。まぁ、いらぬ心配でありますが。


世界記録達成後、アンドリューくんはトランペットの練習ですか。
人生は苛酷なのです、頑張ってください。
タグ:びっくり
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。