褒められるとうれしい その訳は

 自然科学研究機構生理学研究所(愛知県岡崎市)の定藤規弘教授の研究チームが23日、他人から褒められると、ヒトの脳は現金を受け取った場合と同じ部位が活性化するという研究結果を発表した。

 同チームでは、19人の健康な男女を対象に、カードゲームで勝って賞金を得たときと他人から褒められたときの脳の反応を、それぞれ特殊な磁気共鳴画像装置(MRI)で撮影して比較した。

 チームでは、今回の研究結果は、賞賛はヒトに精神的な励みを与えるという長年の仮説を科学的に裏付けるものだとしている。

 同研究結果は、米科学誌「ニューロン」に掲載された。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081209015745.html

「同情するなら金をくれ」って言われたら、褒めてあげればいいんですね。そーゆーことですよね?・・・違う?
タグ:ヒトの脳

ハリウッド俳優のロッキー 暴れる

 米ハリウッドで「最もよく調教されたクマ」の一頭とされ、最近ではウィル・フェレル出演の映画「Semi-Pro(原題)」にも登用されていたクマが22日、調教師をかみ殺した。当局者が23日明らかにした。

 「ロッキー」と呼ばれるこのクマは5歳の雄で、体重約320キロ、体長約2メートル30センチ。ロサンゼルスの東にある野生動物を映画やテレビ制作向けに調教する施設で、調教師の首にかみついた。

 当局者は事件後、施設とロッキーについて調査したが、安全面で特に問題は見当たらなかった。ロッキーはこれまでに事故を起こしたことはなく、調教師を襲った理由ははっきりしないという。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081208997975.html

ひとつ前のインドゾウもそうですが、やっぱり基本は野性の生き物ですから難しいですな。まさか、調教師が酔ってちょっかいだしたわけではないんでしょう?


カメラが回っていれば、映画やテレビ制作向けに調教する施設でドキュメンタリーが録れたのに・・・と考えてしまった罪なあたくし。

カ〜マカマカマカマ♪

 ニューヨークの法廷は、落下する角材に頭を打たれた建築作業員に病院が直腸検査を行ったことには何の問題もないと判断した。

ニューヨーク州最高裁判所陪審団はニューヨーク長老会派病院に損害賠償を求めていたブライアン・パーサードの主張を退け、病院とその救急治療室医員に責任はないと判断した。

パーサードの弁護士ジェラード・マローンとゲイリー・デフィリッポは、パーサードが上告を行う可能性があると述べた。
「私たちは非常に失望しています」と、マローンは2週間にわたる裁判を終えて言った。「それは誤審です」

病院側の弁護士ジェフリー・ロートンはコメントを拒否。

マローンによれば、パーサード (38) は2003年5月20日、マンハッタンのミッドタウンの建設現場で勤務中に怪我をした。彼は病院で、眉毛の上の切り傷に8針の縫合手術を受けた。しかし彼は、救急治療室の医師が直腸検査を要求したのを断った。医師は、事故によって背骨の損傷がなかったかを判断するのに直腸検査が役に立つとパーサードに告げたそうだ。

パーサードは抵抗したが、従業員たちが彼を押さえつけ、彼は「それはやめてください」と頼んだ。 パーサードは暴れるうちに医師を殴ったので、従業員たちは彼に強力な鎮静剤を与えて検査を実行した、と彼は述べている。

病院の目撃者は検査は最後まで終了しなかったと証言しているが、マローンは、パーサードが目覚めたとき、彼はベッドに手錠でつながれた状態で、のどに酸素チューブをつけられ、直腸に潤滑剤がついていたと語っている。

「彼は自分が何をされているのかわからなかったので抵抗したのです。彼が直腸検査を断ったところで、すべては止められるべきでした」とデフィリッポは言う。

デフィリッポは、自分は慌てた患者が医師を殴ったことへの報復として直腸検査が行われたと信じていると語った。

裁判官は、医師を殴ったことに関してパサードにかけられていた暴行容疑を却下した。

デフィリッポによれば、事故以来パサードは職につくことができず、失業中だという。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081208952288.html

これはちょっと痛い話ですな。
ってか同意を得てからヤッてほしいです。無理矢理ってゴー○ンじゃないですか!?


カン違いしないでくださいね!ゴーマンですから。
タグ:直腸検査
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。