長グ●をした猫

 米カリフォルニア州モデストの警察は、電柱が倒れて道路がおよそ1時間のあいだ通行止めになった事故の原因が、猫にあると特定した。

巡査によれば、金曜日、猫を膝の上に置いた状態で車を運転していた女性が、猫にひっかかれて電柱に衝突する事故を起こしたそうだ。
この女性は軽傷を受け、病院に運ばれた。 猫は目を痛めて獣医に連れて行かれたそうだ。

水曜日、地方議会は、ビル・メイズ議員が提出したペットを膝の上に置いたまま車を運転することを違法とする法案を承認した。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081209475800.html

運転するときまでだっこしてくれてくれる飼い主を引っ掻いちゃったんですから、猫ちゃんにもそれ相応の理由があったんでしょうな。


どーせならその辺まで明らかにしてほしいところであります。
できましたら猫を抱いていた女性のプロフィールや引っ掻かれた箇所なども明記していただけるとありがたいです・・・春ですから。

ニューヨークのガンコ親父

 電車内で携帯電話で話をしていた乗客に猥褻な罵声を浴びせ、仲裁に入った乗客の手を叩いた元警察官に8日、無罪判決が下された。

元警察官で弁護士のジョン・クリフォード氏(60)は、暴行未遂、治安紊乱行為などの罪で起訴され、有罪になれば禁固1年の刑が科せられる可能性があった。

クリフォード氏は弁護士は雇わず、自分で自分を弁護をした。

事件が起きたのは2007年3月28日朝、ロングアイランド鉄道の通勤電車内でのこと。クリフォード氏によると「19歳のアホウが携帯電話で女友達を次々に起こしていた」。同氏は、公判中、若者の目に余る行動に攻撃的な態度をとり、罵ったことは認めた。

クリフォード氏は、公の場での不作法な態度にどうにも我慢できないたちで、これまでにも、コーヒーをかけたり、罵声を浴びせたりして8回逮捕されている。無罪になったのは今回が初めてだ。

自分の行動を後悔しているかと聞かれクリフォード氏は「全くしてない」と答えた。

ロングアイランド鉄道は、今回の判決に遺憾の意を表しながらも判決を尊重するとの声明を発表。しかし「今後も、クリフォード氏が自分の行動規範を一方的に他の乗客に押しつけて、攻撃的な態度を取るなら容認するつもりはない。乗客・社員の安全を守るためにすぐさま警察に通報する」としている。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081207884644.html

下手に注意して逆ギレされ反撃にあってもたちが悪いので、結局は「見て見ぬふり」になってしまうあたくし。形はどーあれ、見事に鉄槌を食らわせてみせたジョン・クリフォード氏にスタンディング・オベーションを送ります。


こんなヒトが元警官&現役弁護士という肩書きをつけてることに誇りをもつべきでしょうな。・・・もっともご近所にいたら、かなりうざったいかもしれませんけど。

粋なはからい

  プロ野球のマウンドに立ちたい……そんな夢を抱き続けていたジョン・シークレスト氏(53)に、セントポール・セインツが再度そのチャンスを与える。

同チームの入団試験を受けたシークレスト氏は、金曜日にその春季キャンプに招待された。そして、火曜日の夜に行われるオープン戦でピッチャーとして出場する予定となっている。

シークレスト氏は1999年にセントポール・セインツのピッチャーとして2回マウンドに立ったことがあるが、その防御率は9.34で、当時は米プロ野球界で最高齢のルーキーだった。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081209267814.html

こんな粋なことをサラリとやるあたり、アメリカは魅力的に映りますな。渡されたコーヒーで火傷をし、ハンバーガーショップを訴えたりする人がいるようには思えません。


今年(いまのところ)イチ押しの作品

タグ:メジャー
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。