クリエイティブなおしり

 高校のラクロス部の部員13人が停学処分を受けた。ある部員が女子生徒を好きになり、お尻に「プロム(卒業ダンスパーティー)へのお誘い」メッセージを書いて、それを試合中に見せたのだ。

ヒューロン・ハイスクールの最上級生クリストフ・ウェナースタイン君は、同学年の女子生徒のキャロライン・キャンベルさんをプロムになんとか誘おうと思った。

それを知った学校代表のメンバーが、下級生チームとの試合の際に、お尻に「僕と一緒にプロムに行ってくれないか? イエスかノーで答えて」と書いたお尻を丸出しにしたのだ。

キャロラインさんは「イエス」という単語が書かれた選手のお尻をパシッと叩いて、申し出を受け入れた。

だが学校側の処分は厳しいものだった。

選手13人を、無期限の試合出場停止処分、20時間のコミュニティーへの奉仕活動を命じ、さらに1日の停学処分にしたのだ。

同校の体育主任は地元紙に「不適切なものは不適切なのだ。女性に対して不敬な行為だし、それを生徒全員にはっきりと理解してもらいたい。連中にとっておもしろいことが、みんなにとってそうだとは限らない」と語った。

「プロムのこととなるとみんなクリエーティブになるのよね。今回のことは最高だった。でもこんなに大事になるとは思わなかったわ」とキャロラインさん。

一方、クリストフ君は「自分と仲間への処分はよくわかったよ。でも処分を含めすべてを楽しむつもりさ」と語った。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081209705904.html

結婚式や告白のシュチュエーションに異様な程手間暇をかけるアメリカ人。あの精神は高校生の頃から始まっているようであります。


しかし誘われた子も、自分のおしりにYesと書かなくてよかったですな。実行してたらプラムどころか奉仕活動も一緒にせにゃならんかったですから。

使い方がこっている!

 人相を隠すために顔をガムテープでぐるぐる巻きにした男が、ケンタッキーの酒屋に押し入り、逮捕され、有罪を認めた。

「ガムテープ強盗」の正体はケーシー・カゼー(25)。昨年8月10日、酒屋『アッシュランド』に押し入った。顔を目と口のまわりだけ隙間を作り、あとはガムテープでぐるぐる巻きにしていた。

カゼーは女性店員に「ナイフを持っている。レジの金をよこさなければ刺す」と脅し、金を奪って逃走した。

しかし「ガムテープ強盗」が逃走用の車に乗り込む前に、別の店員がカゼーにタックル。近所の店の男性店員も応援に駆けつけ、カゼーを取り押さえて、警察に引き渡した。

警察は、被害額は明らかにしていない。店の経営者によるとレジの金が15ドル不足していたという。カゼーは逮捕されたときに武器を持っていなかった。

罪状認否でカゼーは第2級強盗の容疑に関して有罪を認めた。最高で禁固10年の刑が科せられる可能性がある。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081209702859.html

従業員の口に貼ったり後ろ手に縛ったりせず、自分に巻いてみるとはかなり思いきった使い方をしたもんでありますな。


「ナイフを持っている・・・」ってのもなんだかとってもシュールでございました。
「おまえにも貼っちゃうゾ!」


と脅した方がより効果的な脅しだったと思うのですが、いかがでしょう?

迷宮トランプでカード遊び

 米ニューヨーク州で迷宮入りとなった事件の解決を図るため、行方不明者の写真を掲載したトランプを郡拘置所に配布し、受刑者の記憶をカード遊びを通して呼び起こそうという試みが行われる。

 この試みは、同州議会のジョセフ・ブルーノ上院議員(共和党)が運営する基金から1万ドル(約104万円)を投じて実施され、計7200組のトランプが州内各地の拘置所に配られる。受刑者を含む情報提供者には報奨金が支払われ、トランプには連絡先の電話番号も記載されている。

 ブルーノ議員のスポークスマンによると、同様の試みはフロリダ州でも行われており、未解決事件の解明に貢献したという。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081209614831.html

「おぉっ?この子知ってる!犯人オレオレ」


って人が出てくるということなのでしょうか。
ちょっと安直すぎる気もしますが、事件解決に効果があるならいいっか。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。