アメリカカテゴリの記事一覧

ゆるんでいたもの

 リーディングに住むジョン・メッサリー(38)は4月4日、雇用主のミニバンを運転中に、窓から車外に出てルーフの上に乗り、立ち上がった。バンは衝突事故を起こし、メッサリーは森に投げ出された。その後、路上で服を脱ぎ、全裸で警察官から逃げ回ったという。

体内からはコカインが検出された。

地元紙「リーディング・イーグル」の取材に対し、メッサリーは、車のルーフに乗ったりはしていない、と弁明した。事故が起きたとき、積んであった木材のロープがゆるんでいるようなので、調整していたのであり、裸になったのは、怪我がないかを確かめるためだったという。

メッサリーは、大事故を引き起こす可能性のある危険行為、不適切な露出、公務執行妨害、薬物使用中の運転などの罪で起訴された。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081209650454.html

本人にすりゃひとつひとつの行動に意味があったんですな。
それを不適切かどうかを判断するのは第三者なわけで・・・まぁ明らかにおかしい行動ではありますな。


緩んでいたのは木材をとめるためのロープじゃなくて、タガだったとゆーことで。

ヘビメタな鬼嫁

 結婚披露宴の会場で、花嫁が「バンドの演奏する曲が気に入らない」と怒り始め、楽器などを壊して逮捕された。また、警察の邪魔をした容疑で新郎も逮捕されてしまった。

4月5日に行われた披露宴で、新婦ファビアナ・レイエス(41)は楽器の他にもスピーカーなどを壊し、裁判所の命令で賠償金1500ドルをこのバンドに支払った。

一方、新郎エルモ・フェルナンデス(42)と披露宴に出席していた娘(21)は、レイエスの逮捕を妨害するため駆けつけた警察と乱闘、最終的には警察がスタンガンを使用して2人を気絶させたという。

この娘によると、2人は1986年に正式に結婚していたが、式はこの日まで挙げていなかった。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081209779782.html

さぞかし凄まじい披露宴だったのでしょうな。
ってか、親族もか。


20年以上溜まったうっぷんの大きさを物語っております。

足の指 大手柄

 建設現場で使用される重機に腕を挟まれて動けなくなっていた男性が、足の親指だけで携帯電話のボタンを押して警察に通報、救出された。

男性作業員は1人で作業中、エレベーターに似た形状のプレス機械に両腕を挟まれてしまったが、ベルトに掛けてあった携帯電話を何とか振り落とすことに成功。靴を片方脱ぎ捨てて親指でボタンを押し、911ダイヤルに救助を求めたという。

救出された男性はペンサコラの病院に搬送されたが、詳しいケガの状態などは不明となっている。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081209785540.html

10本もついてる割にはあまり足の指って役に立たないようなきがしておりましたが、こんなニュースを聞くとちょっと見直してしまいますな。


落ちたモノをちょろっと掴んだりする程度にしか、今までは使っておりませんでしたが、あたくしも携帯をかける練習でもしとこっかなと考え中であります。おっと、まずは2つ折りの携帯電話を開くところからやらないと・・・。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。