頑丈なアメ車に魅せられて

「駐車場に変な車があるんです」、そう市民から通報を受けた警察が現場に駆けつけてみると、そこにあったのは“駐車禁止”の標識をフロント部分にのせた1台の車だった……

カンバーランド農場の関係者から通報があったのは木曜日の夜明け頃。警察が調べたところ、車内で眠っている1人の女性(23)を発見した。

警察はマリファナ所持容疑でこの女性を逮捕した。標識に衝突する事故を起こした後、この駐車場までそのまま走ってきたとみられているが、その事故現場がどこなのかは現在のところ不明となっている。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081209780234.html

燃費は悪いけど、思いっきり丈夫なアメ車。
話に聞いてはおりましたが、これほどとは恐れ入りました。


ひょっとしたら世界びっくりニュースを使ってアメ車の宣伝・・・勘ぐりすぎでしょうな。

悲しい思い出をすてる場所

 過去の交際相手からプレゼントされたジュエリーを売買するウェブサイトが人気を集めている。同サイト(www.exboyfriendjewelry.com)では、ジュエリーの売買だけでなく、別れに至った話を共有することもでき、傷ついた心も癒やせるという。

 サイト主宰者の1人であるマリー・ペリー氏によると、サイト開設から3カ月たった現在、3000人の登録会員がおり、600以上の指輪が売りに出されている。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081209973325.html

先入観だけで書いちゃいますが、ユーザはきっと女性が多いのでしょうな。ジュエリー贈るのってやっぱりヤローからでしょうから。


そっか、不要になったジュエリーを取り引きするサイトですか・・・なんとなく後ろ暗くなってしまうのはなぜでありましょう?


記事を読んで思い出したのがティファニーのオープンハート。
質屋に直行したジュエリーも多かったと聞きます。それが今ではサイトでやりとり。時代も変わったもんであります。

若さゆえ

 動物収容所に収容されている一匹の犬を連れ出すため、3人の男性が施設内に侵入、2人が逮捕された。「亡くなった飼い主の告別式に連れて行ってあげたかったから」と彼らは供述している。

4月22日にカーター郡コミュニティ当局が路上をさまよい歩いていた雑種犬「ルーク」を発見、動物収容所へ送り込んでいたが、その翌日にルークの飼い主であるサンドラ・ヴィッカーズさん(53)が病気で帰らぬ人となった。

このため、施設側がルークを安楽死させる……という噂が広まることとなり、ウィリー・ジャスティン・ミラー(17)、ジェームズ・トンプソン(18)、そしてマシュー・ゴンザレス(22)の3人がルーク救出のため日曜日早朝に施設内に忍び込んだ。

警察によると、3人は施設の保安灯を消し、鍵などはワイヤーカッターで切断していたという。

3人の目的はただ一つ、後日行われるヴィッカーズさんの告別式にルークを連れて行くことだったが、計画は失敗に終わった。

「部屋のドアが開いており、中には犬を抱えた少年が1人立っていました」と地元警察のフェリックス・ヘンダーソン署長はコメント。警察に見つかった少年は当初、「脱走した犬だと思います。施設の前に座っていたところを見つけて連れてきました」と言い逃れしていたが、それが全て嘘であることは明白だった。

実際には施設がルークを安楽死させる、という噂は全くのデマ。ヴィッカーズさんの家族にルークを引き取ってもらうことになっている、と関係者は話している。

第2級住居不法侵入容疑でトンプソンとゴンザレスは逮捕されたが、保釈金を支払ったため釈放された。正式な罪状は月曜日に発表される予定。また、ミラーは警察に出頭した後に母親が自宅へ連れ帰った。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081209779905.html

正規の手続きを踏んでも飼い主の告別式に参加できたんじゃ・・・なんて考えてしまう時点で、分別のわかる大人になっちゃったんだなと、ちょっぴりさみしくてあたくし、遠くをみてしまいました。


でも変にヒン曲がってなくて純粋でいいですよね。
タグ:告別式
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。