ヒトのウラガワ

 ナッシュビルで、日本の110番通報に当たる911番通報を受ける男性オペレーターが、元彼から強迫を受けているという女性の通報を受けた後「おまえの身に何が起ころうと知ったことじゃねーよ」と暴言を吐き、解雇された。

救急通報センターの広報によると、このオペレーターはフランク・ロス。2月に研修を受けていたときにこの不祥事を起こし、1カ月後に解雇された。

ロスは、かつての交際相手にナイフを突きつけられ脅された、という女性に「すぐに警察官が駆けつけます」と伝えて電話を切った。そして「おまえの身に何が起ころうと知ったことじゃねーよ」と言い放ったが、このときまだレコーダーは作動しており、通話記録に残ってしまったのだ。

ナッシュビルのテレビ局WTVFのリポーターがこの録音記録を入手、同局がニュースで報じて明らかになった。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081210861792.html

テンパっちゃってる人が連絡してのに応対する人がコレでは反感買いますわな。冷静に感情がぶれないように淡々と対応するってのも大変なのかもしれませんが、あたくしが110番するなら、こんなヤツには応対してほしくないであります。


しっかりと記録していたレコーダーに拍手!

正義(?)の味方、おかあさん登場!

 米フロリダ州で、道路交通法違反で捕まった息子(25)を取り調べから逃がそうと、母親(42)が現れて警官2人を車でひくという事件が起きた。警察が15日に明らかにした。

 それによると、車を運転中に道交法違反で警察に止まるよう指示を受けた息子が、携帯電話で母親に助けを求めながら逃走。その後、男の車が渋滞に巻き込まれたところを警察が取り囲み本人を外に出そうとしたところ、その母親がスポーツ・ユーティリティ・ビークル(SUV)を運転して現場に現れ、警官2人をひいたという。警官2人は負傷し、病院で手当てを受けた。

 一方、親子は14日夜に逮捕され、母親は警官2人に対する加重暴行罪に問われている。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081210914582.html

道交法違反と言っても元記事の行間を読む限り、たいした罪にはならないような気がしたのですが・・・。
母親に連絡をしたために、おおごとになってしまいましたなぁ、ボクちゃん。


こんな大人にならないように、キッザニアにでも連れていきましょうかねぇ。

そんで小切手郵送しちゃうんでしょ?

 ミシガン州ブライトンに住む医師のフィル・カザンジさんは税務署から固定資産税の不足分を請求する手紙を見て大笑いした。

請求額はわずか51セント(約53円)。この請求書を送るのに5ドル21セント(約550円)の経費がかかっていたからだ。

カザンジさんは、最初、何かの間違いではないかと思ったそうだ。しかし今はこれは「政府機関が行った最もバカげた行為」と嘲笑している。

市の担当者によると、カザンジさんは158ドル48セントの請求に158ドルしか払わなかったという。それで、3セントの追徴金を加え51セントを請求したのだと説明した。

「市には税金に手心を加える権限はないのです」

カザンジさんは、すぐに51セントの小切手を切るつもりだ、と語った。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081210863098.html

たった10円の法人地方税の過誤納金の返還をするのにわざわざ電話をかけて口座番号を聞き、金融機関で振込手数料をかけて送金してくるなんて話は日本でもざらにあります。ホントお金の使いかた知らん人達ですな。コスト削減なんて考えてないんでありましょう。


そんなことよりも最近気になっているのが銀行などでかかるようになった両替手数料。金融機関ごとに多少のばらつきがあるようですが、50枚から手数料200円なんてことをいいやがるようになりました。


たとえば万券から100円玉に両替するときにそのままだと手数料がかかっちゃうから、いったん千円札10枚に替え、4000円分ずつ両替すると無料になるんだとか。ってか面倒だろうがぉぃ!


タグ:両替手数料
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。