クッキーに対する愛情

 ガールスカウトの隊員が、ガールスカウトクッキーの販売店を設立、今年に入って1万7328箱を売り、所属する団の記録更新はもちろん、全米記録を樹立した可能性がある。

記録を作ったのはディアボーンに住むジェニファー・シャープさん(15)で、収益金は団のヨーロッパ旅行に使われるという。

「これは達成したいといつも思っていた目標でした」とジェニファーさん。

ニューヨークのガールスカウト全国組織の広報によると、シャープさんの記録は「驚異的」だが、残念ながら全国最高記録が確認されていないという。

ジェニファーさんが所属する第813団の売り上げは2万1000ドル(約220万円)。この冬、10日間のヨーロッパ旅行に行く費用に当てる。

母親のパムさんは、クッキー・プログラムでジェニファーさんは自分の殻を打ち破ったという。

「娘はすっかり自信をつけました。クッキーを売り初めたころは、すごく恥ずかしがり屋で口数も少なかったんです。もっと客と話をしなさいといっていました」

数千箱のクッキーを売っても変わらない事がある。それはジェニファーさんのクッキーに対する感情だ。

「クッキーが大好きです」とジェニファーさん。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081210935997.html

なんだかほのぼのした話で、売り上げにも強力したくなっちゃいますな。

「え〜っと、ダイエットクッキーひとつ」



あっ、そーゆーんじゃないのね。失礼しました。

リザードマンとDNA鑑定

 今年2月、ある家族が所有するバンのフロントフェンダーが何者かに噛み砕かれる事件があり、「これは伝説のリザードマン(トカゲ男)の犯行では」と噂されていたが、DNA鑑定の結果により犯人はリザードマンではないことが証明された。

ホイールウェル(後ろのタイヤが納まる部分)には噛み跡が残されており、車体からは血痕も見つかったためそれらのDNA鑑定が行われた結果、犯人は犬であることが判明した。

しかしバンの所有者であるボブ・ローソン氏は、「犬だとしたら相当大きいはず……」と鑑定結果に納得いかない様子。また、地元の保安官も「コヨーテか狼の仕業ではないか」とコメントしている。

この地方では約20年前に長身で大きな目をしたリザードマンの伝説が広まったことがある。しかし地元警察はその伝説のきっかけとなった事件についてはっきりとした事は分からない、と発表している。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081210988784.html

リザードマン・・・稀に耳にはしてもめにしたことがないので残念ながら信じられません。しかしなんですな、DNA鑑定は便利になっただけではなくて、夢も壊すことに気づきました。


これはイヌですと言われちゃうと、夢見がちな人にはちと辛すぎます。

ダイエット用サプリメント 実は危険?

 米国の研究者らが15日、市販のダイエット用サプリメントの多くに致命的な心律動障害を引き起こす恐れがあると警告した。

 テキサス心臓協会のメヘディ・ラザビ博士がサンフランシスコで開かれたハート・リズム・ソサエティーの会合で発表した。

 ラザビ氏の研究チームによると、市販のダイエット用サプリメント12種をテストしたところ、このうち8つから、心室性不整脈や心臓突然死などの致命的な心臓合併症と関連性がある成分1種類以上が見つかった。

 ダイエット用サプリメントについては、通常の医薬品に義務付けられている米食品医薬品局(FDA)の検査は行われていないにもかかわらず、ラザビ氏によると「多くの人々はFDAによって安全性が保証されていると考えている」という。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081210922389.html

ひとつ前のデブと地球温暖化の記事を読んでサプリに逃げようと思ったあなた、残念でした。どーやらサプリ、特にダイエットサプリに頼るのは危ないらしいですよ。


とりあえず体を動かしましょうか。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。