そんなことしないでクッキー売れば?

 7歳の息子にボーイスカウトの格好をさせ、通行人から募金を騙し取っていた母親(51)が逮捕され、23ヶ月の禁固刑が言い渡された。

この母親は2003年、息子にボーイスカウトの格好をさせた後、路上で人々に「キャンプ旅行の資金集めに協力下さい」と嘘を付き、69ドルを得ていたという。また、法廷で「迷惑を掛けた全ての人に謝罪したい」と話して容疑を認めた。

法廷はこの母親に対して禁固刑の他、2000ドルの罰金に奉仕活動、育児教室に通うこと、心理カウンセリング、無作為尿薬物スクリーニング検査を受けることを言い渡し、さらに賠償金の支払いを命じた。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081210989003.html

そんなにたくさんの寄付をする訳でもありませんが、募金する際にふと、ちゃんと困ってる人に届くのかな?と感じてしまうことがあります。募金箱に投入する寸前、募金を呼びかけていた人達があたくしの指先に集中しちゃってるを見たりすると余計でありますな。


禁固刑、2000ドルの罰金その他モロモロ・・・おばちゃんの罪は重いよ〜。

ガイコツはみえましたか?

 送電線や変圧器などを盗もうとしていた2人組の男が犯行中に感電、あっけなく警察に逮捕された。

逮捕されたのは、ケビン・リー・ライトル(27)とダニエル・ジェイ・ベイシンガー(24)の2人。今月3日、送電線などを盗もうとしていたところ感電した。

2人は窃盗罪に問われているが、罪状認否に出席できる状態だったのはベイシンガーだけ。

警察によると、この事件で約5時間に渡って停電が発生、被害総額は約1500ドルだという。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081210988891.html

アニメでは感電しちゃっている様子を表現するのに、よくガイコツを描いたりします。ホントに見えちゃうとわかりやすいんですけどねぇ。

電線ドロと感電はツキモノです。できれば罪状認否で何か面白いこと言ってほしいですな。

首がすわって間もないのに?

 カイロプラクティック治療の料金が未払いだとして、1歳の赤ちゃんに裁判所への出廷命令が出されていたが……。

1歳の息子に対する召喚令状を裁判所から受け取ったリチャード・ホワイト氏はビックリ仰天。理由については、彼の息子がカイロプラクティック治療代391ドルを支払っていないから、と書かれていたという。

召喚令状には息子の名前が記載されており、両親の名前はどこにも書かれていなかった。

ホワイト氏の話によると、生まれて間もない2007年4月に息子をカイロプラクター(脊椎指圧療法師)の元に連れて行ったことがあるという。その後、ホワイト氏一家は引っ越しすることになったため病院側に新しい住所を伝えたが、病院の手違いで息子の住所だけが変更されなかった。

結果、治療料金の請求書は以前の住所に送付され、今回ホワイト氏の手元に届くまで未払いとなっていた。

ホワイト氏が料金を支払うことを了承したため、病院側はこの訴えを退けた。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081210988670.html

カイロプラクティックといえば骨ボキボキと考えていましたが、どーやら違うようであります。

カイロプラクティックとは、自然の法則に基づく、哲学・科学・芸術であり、不調(疾病)の原因となる脊柱上の分節を、素手によってのみアジャストをするシステムとされる。
ウィキペディアより


アジャスター付きだから大丈夫?(何が)
調べたつもりだったのに、自分がだんだんと深みにはまっていくのが手に取るようにわかります。どーすりゃいいんだ。


なんだか”あんま”やマッサージとも微妙に違うらしくてカイロプラクティックもなんだか微妙な立場に立たされているようでありますな。


本題からズレてしまいますが、要するに赤ちゃんが勝手に「ボキボキしてくれ」(だから違うって)と病院に行った訳ではなかったとゆーことで。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。