口臭予防にモクレンを

 チューインガム・メーカーの米ウィリアム・リグレー・ジュニアが20日、モクレンの樹皮から抽出した成分を入れたガムやミント製品を商品化したことを明らかにした。口臭の原因となるバクテリアを除去する効果が期待できるという。

 モクレンの樹皮の抽出物は、発熱や頭痛に対する漢方薬の成分として利用されてきたが、かいようの原因菌を抑える効果が分かっているほか、最近の研究では副作用もほとんどないことも明らかになった。

 昨年秋に同社の研究チームが発表した研究結果によると、モクレンの樹皮の抽出物によってバクテリアの99.9%が5分以内に死滅したという。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081211345482.html

ははぁ、モクレンはいろんな効能があるんですな。
ってか漢方薬としてモクレンが使われていたくらいですから、以前から良さはわかっていたんじゃ・・・。


ともかく口臭って、なかなか自分ではわかりにくいもの。
口臭チェックなどしてみてはいかがですか?



タグ:口臭 虫歯

ハンバーガーに求めるモノ

 当地で最も高価なものを紹介するオンライン情報サービス「ポケット・チェンジ」は、ニューヨークで最も高価なハンバーガーが、金融街にある「ウォール・ストリート・バーガー・ショップ」の1個175ドル(約1万8000円)のハンバーガーであると発表した。

 同店の共同オーナー、ヘザー・ティアニー氏は「ウォール街は、景気が良い日もあれば悪い日もある。われわれは、毎日食べる4ドル(約420円)のハンバーガーと本当に景気の良い日用の特別なものを作りたかった」と、高価なハンバーガーを作った理由を語った。

 同ハンバーガーは、同店のシェフと共同オーナーのケビン・オコネル氏が価格に見合ったものをと考案したもので、ブリオッシュのパンの上に神戸牛のパテ、大量の黒トリュフ、スライスしたフォアグラ、熟成したグリュイエールチーズ、ワイルドマッシュルームのほか金箔(きんぱく)が散りばめられている。

 ティアニー氏によると、同店2階のレストランで提供されるこのハンバーガーの売り上げは月20─25個。その一方で、1階のカウンターでは毎日、4ドルのハンバーガーを数百個販売している。

 これまでの最も高価なハンバーガーはDBビストロモダンの120ドル。同店が150ドルに値上げをしたことを受け、ティアニー氏の店は19日に175ドルに値上げした。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081211335226.html

偶然今日のランチはマクドナルドでありました。
もうすぐ夕食の時間だというのに、なんとなく胃が思い気がしています。悪いアブラ使ってんじゃねーべなぁ?悪いアブラはチャッチャとバイオ燃料にまわしてくださいな。


さて、話題は約1万8000円のハンバーガー。
あたくしてきにはすいたコバラを満たすという程度にしかハンバーガーには期待しておらんのですが、やっぱり本場アメリカでは違うんですな。

みなさんもきっと2万弱かけるなら、やっぱりコース料理とかに走っちゃいますよね?

こうして無駄は省かれた

 月曜に予定されていたテキサス州の大統領予備選挙と代表者選出システムに関する訴訟の公聴会がキャンセルされた。連邦判事はその理由のひとつに、ガソリン価格の高騰をあげている。

米国地方判事フレッド・ブレリーは金曜に出された命令書に、テキサス州と同州の民主党は最近、この件についての書類手続きを行い、原告は彼らに応じたがっていると記した。

ブレリーは、「既に大量」の書類を再検討するのに時間が必要で、公聴会の必要はないと述べている。

加えて彼は、「そのうえ、すでに文書化されている議論を口頭で発表するために大勢の人間が集まるとなると、1ガロンあたり4ドルのガソリンが大量に費やされることになる」と記した。

テキサス州ラテンアメリカ市民同盟とヒューストンメキシカンアメリカン法曹協会のその他が、3月4日の予備選に使用された複雑なシステムがラテン系の票を不公平なやりかたで弱くしたとして、今月、州と民主党を訴えている。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081211326489.html

ガソリン価格高騰を理由としていますが、判断は間違っていないと思いますよん。あとは”大量の書類”を電子化できりゃ、これほどのエコはありませんな。


がんばってください!
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。