ガソリンか銃を選べるサービス

 米ミズーリ州の自動車ディーラー車が22日、購入者に銃などを無料進呈するキャンペーンを今週開始したところ、車とトラックの売り上げが大幅に伸びたことを明らかにした。

 銃を持ったカウボーイがトレードマークとなっているこの自動車ディーラーは、過去3日間で車とトラック合計30台以上を販売したという。通常よりもはるかに多いこの販売台数について、経営者のマーク・ミューラー氏は、購入者に銃販売店で使える250ドル分の金券か250ドル分のガソリン券を進呈する販促の効果だとしている。

 同キャンペーン開始以降の購入者のうち、カナダ人男性1人と年配の男性1人を除く全員が、銃を購入できる金券を選んだという。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081211521388.html

お手軽にその辺で購入できる環境にないもんでわからんのですが、銃ってだいたいいくらくらいするんでしょう?


車買うなら必需品と思われるガソリンにほとんどの人が見向きもしないとはちょっと驚きですな。よーく考えるとどちらも同じ額なのに。


国境監視員のお仕事

 米国の国境監視員が、パトロール用の車両などを使ってマリフアナ1トン以上を密輸していた罪を認めた。検察当局者らが22日に明らかにした。

 米アリゾナ州トゥーソン連邦地裁で有罪を認めたホアン・ルイス・サンチェス被告(31)は、メキシコと国境を接するアリゾナ州ノガレス周辺で、パトロール用車両を使って計6回マリフアナを運び、見返りとして4万5000ドル(約470万円)を受け取っていたという。

 量刑は8月13日に言い渡される見通しで、最高400万ドルの罰金と終身刑になる可能性がある。

 トゥーソンの国境監視当局は昨年、約440トンの薬物を押収していた。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081211510957.html

コイツがやってたんじゃ身も蓋もありませんわな。
しかもパトロール用の車両使って運搬とは、まさにやりたい放題です。


あとは塀の中で楽しかった日々を懐かしんでくださいな。

両生類のミッシングリンク見つかる

 カナダの研究チームが21日、約2億9000万年前のものと思われる、現代のカエルとサンショウウオにつながる生物の化石について発表を行った。同化石は、1995年に米テキサス州で見付かった。

 カエルやサンショウウオ、アシナシイモリといった現代の両生類の祖先については、進化の過程を示す化石が十分に発見されていないため、これまで解明が思うように進んでおらず、科学的論争の対象となっていた。

 チームを率いたカルガリー大のジェイソン・アンダーソン氏は、今回発見した化石はこれまで空白となっていた過去の化石記録と現在の両生類のつながりを示すものだとしている。

 この化石については、英科学誌ネイチャーに掲載されている。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081211450946.html

こーゆーのって確かミッシングリンクって呼ぶんでしたっけ。
少しずつではありますが、考古学も進んでいるようでありますな。


きっとその業界ではビッグニュースなんでしょうけれど、記事を読み終わってもキョトンとしかできないあたくしはちょっとツラいです。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。