図書館のテーブルの下で…

 ある女性がシンシナティ大学図書館のテーブルに座っていたところ、不審な物音が身近でした後、何やら足に冷たいものがあたるのを感じたという。机の下を覗いてみると、そこには塩水を入れた注射器を持った男がいた……。

テーブルの下に潜り込み、女性の靴に注射器状の物で水をスプレーしたのはドワイト・パンネル(43)。のぞき見、不法侵入、暴行容疑で警察に取り調べを受けた。

被害にあった女性は警察に対し、「テーブルの下で何かが動く物音がしました。足に冷たさを感じて下を見ると、四つん這いの男が注射器片手にこちらを見ていたのです」と話している。

木曜日に法廷に現れたパンネルは一言も語らず、弁護士は容疑を否定。また、保釈金は75000ドルに設定された。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081212201298.html

まめでっぽうをくらってしまったような表情(元記事参照)といい、意味不明の行動、そして法廷での黙秘。なんだかおいしすぎます。単なる悪戯なのか、あるいは彼にとってなにか意味があったのか・・・。もうちょっと突っ込んだ情報が欲しいですな。

使ってる最中なのにリサイクル

 州立公園に置かれていた木製ピクニックテーブルを分解し、木材を盗んだ男が窃盗罪で起訴された。

事件があったのはピッツバーグ北東約73マイルにあるプリンス・ガリツィン州立公園。今月17日、ピックアップトラックに木材を積み込んでいる男(23)を公園関係者が発見、警察に通報した。

男は当時、「継子たちに小屋を建ててあげようと思って……」と公園管理者に話した。

ピクニックテーブルは夏場の来園者のために約300〜400台が積み上げられて保管されていた。また、一台300ドル程度の価値があるという。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081212201333.html

かなり地味な解体作業であります。
ってか、まだ使ってるのに強制リサイクルですか?

継子たちに小屋って・・・うるっときちゃったあたくしは騙されやすい温情派ですが、何か。

温暖化と裸の関連性

 州のハイウェイを全裸で歩いている男がいる、との通報を受けた警察が現場に駆けつけ、男を逮捕して調べてみると……連続窃盗事件の容疑者だった。

逮捕されたのは、ジョナサン・マイケル・アレン(31)。車2台、テレビ、電動工具、宝石など被害総額85000ドル以上の窃盗事件の容疑者だった。

警察によると、アレンは薬物中毒で、盗んだ品々を売り払って麻薬購入の資金にしていたという。

前日の夜、盗難車に乗ったアレンを警察は発見していたが、逃走を許していた。ところがその翌日の水曜日の朝、市民から通報を受けて逮捕に成功、当時アレンは靴下すらも履いておらず、全裸だったとのこと。

「生まれたままの姿でした」と地元警察はコメントしている。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081212201429.html

こちらは雨は降っていたなかったけど、やっぱりすっぽんぽんだったというニュース。今週はこんなニュースばっかりですな。やっぱり温暖化のせいでありましょうか。


日本では梅雨入り直前(または突入)の時期のため、ちょっぴり肌寒くなってきてます。日曜は快晴のようですが、ぶらんぶらんさせないようご注意くださいませ。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。